構え論・攻守における向き直りの徹底
商品番号 804-1
導・解説
鈴田 常祐
(元ユニチカ女子バスケットボールチームコーチ・監督)
鈴田 常祐
(元ユニチカ女子バスケットボールチームコーチ・監督)
技協力
明誠学院高等学校女子バスケットボール部
明誠学院高等学校女子バスケットボール部
77分
77分
8,000円+税
8,000円+税
1試合にボールを扱う回数48回。そこで重要となる「向き直り」とは!?
籠球伝道師・鈴田常祐氏の『構え論』を紹介!長年の指導の末にたどり着いた、ベースづくりを公開します。

ここでは「構え論」の中核ともいえる「向き直り」を、徹底して解説していきます。まずはボールの持ち方からステップの踏み方まで、基本となる動きを習得します。さらにそれを実戦で使えるよう、ドリルに落とし込んでいきます。オフェンスが中心となりますが、後半にはディフェンスの構えのつくり方にも触れています。

本編ピックアップ動画

巻構成

■イントロダクション

■オフェンスの構え
◎構えの意義
◎ボールの持ち方
・ポイント
・練習メニュー(壁COCK)
◎向き直りの基本
・ポイント
・練習メニュー(オーバーヘッド、クロスオーバー)
・練習メニュー(ハーフコート1対1)
・練習メニュー(ハーフコート5対5)
◎向き直りの応用
・ポイント
・練習メニュー(リバース・クロスオーバー、リバース・ロール)
◎ゴール近くでの向き直り
・ポイント
・練習メニュー(外回りターン)
◎ボールのもらい方
・ポイント
・練習メニュー(パッシングレーンをつくる)

■ディフェンスの構え
◎1の構え(ボールマンに対して)
◎2の構え(ボールの近くにいる相手に対して)
◎3の構え(ボールと距離がある相手に対して)
◎4の構え(ドリブルに対して)
◎5の構え(ピックアップ・トラップ・リバウンド)
◎「1の構え」の分解練習
・練習メニュー(10秒ハーキー)
・練習メニュー(4秒ディフェンス)
・練習メニュー(ZIG ZAG ダッシュ)

■総合練習
◎総合練習 Part1
◎総合練習 Part2
◎総合練習 Part3
◎練習の考え方

発売年月:2014年1月

ご購入はこちらから

DVD版をお求めの方はこちら
データ版をお求めの方はこちら

page top

※本特集は「マンツーマン」に関連した映像商品をまとめたものです。
新基準に準拠している物ではございませんので、ご注意ください。
※敬称は省略させていただいております。
※指導者・協力者等の所属は発売時点のものです。