ホーム > スポーツ > 陸上競技 > 目で見る!400mハードル競走における理論と実際 > 目で見る!400mハードル競走における理論と実際〜その競技特性と技術トレーニング〜

目で見る!400mハードル競走における理論と実際<br>〜その競技特性と技術トレーニング〜

目で見る!400mハードル競走における理論と実際
〜その競技特性と技術トレーニング〜

セット商品

商品番号 525-S

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

日本歴代2位のタイムを持つ成迫健児選手(現ミズノ)を育て上げた筑波大学宮下氏による400mハードル指導DVD。
今回のDVDはまさに49秒台を目指すために、宮下氏が400mハードル競技を科学的に分析/研究し、考案した効果的練習法・考え方を分かりやすい解説を交えながらご紹介したものです。
是非、日々の指導にお役立てください!


●400mハードル走の構成と現状
 ・400mハードル走の構成
 ・400mハードル走の現状

●400mハードル走の特徴
 ・400mの走力と高度なハードリング技術
 ・ハードリングタイム
 ・コーナーでのハードリング
 ・歩数切替と踏切脚
 ・必要とされる能力

●400mハードル走のタッチダウンタイム
 ・タッチダウンタイムとは
 ・通過タイムと区間タイム
 ・区間タイムからスピード曲線
 ・スピードとスピード持久力
 ・歩数変換とスピード曲線
 ・速度変化率

●コーナーでのハードリング
 ・右足踏切の特徴
 ・左足踏切の特徴

●歩数の切替
 ・ハードリング距離
 ・インターバルに用いる歩数と安定ストライド
 ・1歩増加と2歩増加

●コーナーでの基礎的ハードリング練習
  ◎歩行による振り上げ脚動作(左右)
  ◎歩行による抜き脚動作(左右)
  ◎スキップによる振り上げ脚動作(左右)
  ◎スキップによる抜き脚動作(左右)
  ◎1歩で振り上げ脚動作(左右)
  ◎1歩で抜き脚動作(左右)
  ◎ホップで両脚切替
  ◎1歩ハードリング(左右)
  ◎3歩ハードリング(左右)
  ◎2歩ハードリング

●歩数切替のための練習法
 ・インターバルの設定法
  ◎13−14−15歩1
  ◎13−14−15歩2
  ◎14−15歩
  ◎15−16−17歩

●アプローチ練習
 ・加速とリズムをつくる
  ◎スタートから1台のハードルを越える
  ◎スタートから1〜3台のハードルを越える

●200m+200mH
 ・前半200mを90%以上の努力度で走り、45秒のインターバルののち、後半に置かれたハードル(200m)を超えて走る
 ・前後半のタイムの合計がレースタイムの目標となる






(46分)
2008.6

※指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです。