ホーム > スポーツ > 陸上競技 > レースの「流れにのる」長距離トレーニング > レースの「流れにのる」長距離トレーニング〜継続して力をつけるための練習方法〜

レースの「流れにのる」長距離トレーニング<br>〜継続して力をつけるための練習方法〜

レースの「流れにのる」長距離トレーニング
〜継続して力をつけるための練習方法〜

セット商品

商品番号 565-S

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(3.0) 3.00

■指導・解説:川嶋 伸次(東洋大学陸上競技部監督)
■実技:東洋大学陸上競技部

シドニーオリンピック・マラソン選手でもある川嶋伸次監督が、長距離走(駅伝)のトラックシーズンにおける準備期間のトレーニングを紹介!
このDVDでご紹介するトレーニングは、余裕のある走りを身につけるペース走を中心に、動きづくり、ジョギングなど、スピードを重視する鍛錬期に備えるものとなっています。また、トレーニングの組み立て方や練習メニュー、指導方法など、川嶋監督のインタビューを交えてわかりやすく構成しています。
個々の力はもちろん、チームとしての総合力を高めていくための秘訣がここにあります!


●解説《トレーニングの組み立て方》
*年間のトレーニング計画と準備期間のメニューを解説

●継続して力をつける朝練習1
*ペース走を中心とした朝練習の前半メニューを紹介
 ・ストレッチ
 ・ウォーミングアップ
 ・体操
 ・朝練習のペース走(12000m)
 ・フロート走(200m×5)

●継続して力をつける朝練習2
*体幹を鍛える補強を中心とした朝練習の後半メニューを紹介
 ・補強
 ・ダウンジョッグ
 ・体操
 ・解説《長距離選手》

●動きづくり
*負担の少ないスムーズなフォームをつくるトレーニングを紹介
 1、足首
 2、腰と大腿部
 3、股関節
 4、股関節(ハードル使用)

●解説《ジョギング》
*効果的な方法や応用トレーニングを紹介

●解説《ペース走》
*準備期間におけるペース走の意味、グループ分け、タイム設定などトレーニング方法を解説

●ペース走(16000m+2000m)
*余裕を持って走ることを目標とした実際のトレーニングを紹介

●解説《指導方法》
*グラウンドに立って指導をする意味、選手の能力を引き出す指導法を解説






(58分)
2008.10

rxe20617さん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2015年08月11日

おすすめ度 おすすめ度(3.0)

長距離を実際に走るときのアドバイスが具体的によかったです。でも、内容は普通のことを言っている気がしました。

※指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです。