ホーム > スポーツ > バレーボール > 一柳 昇のバレーボールスタイル > 一柳 昇のバレーボールスタイル〜理にかなった身体の使い方で能力を伸ばす指導法〜全4枚セット

一柳 昇のバレーボールスタイル<br>〜理にかなった身体の使い方で能力を伸ばす指導法〜<br>全4枚セット

一柳 昇のバレーボールスタイル
〜理にかなった身体の使い方で能力を伸ばす指導法〜
全4枚セット

セット商品

商品番号 561-S

販売価格32,000円(消費税込:34,560円)

[最大1,600ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

一柳 昇(いちりゅうのぼる)/略歴
日本体育大学卒業後、日本鋼管にて現役プレーヤーとして活躍。現役引退後日本鋼管女子バレーボール部監督を経て1982年より北海道・旭川実業高校女子バレーボール部を名門に育て上げる。1988年春高バレー優勝他、全国大会準優勝4回。89年から93年まで全日本女子ジュニアコーチも務める。
1993年9月より小田急女子バレーボール部監督、97年4月からはJTマーヴェラス監督として黒鷲旗準優勝2回。多くの名選手を育てた手腕、その独自の指導理論は注目の的である。そして2007年4月より現IPU環太平洋大学女子バレーボール部監督として活躍中!

日本人の体型は骨盤が前傾していない傾向にあります。この姿勢ではスポーツのパフォーマンスに影響が出てしまい、バレーボールにも同じことが言えます。骨盤を前傾させることはパワーやスピードを生み出す重要な要素となるのです。
このDVDシリーズでは、細部の動きにまで徹底的にこだわった身体の使い方、特に「胸骨を前に出す」ことによる「骨盤前傾」に重点をおき、バレーボールにおける基本技術のスキルアップを目指すトレーニングを紹介します。
指導をするのは常に日本バレー界の第一線で指導を続ける名将・一柳昇氏。紹介するドリルや解説は、ジュニアからVリーグまで幅広い世代での指導経験で得られた大変貴重なものです。
選手の将来性は正しい身体の使い方とフォームの習得をベースにした「基本技術」を身につけることから始まります。
全ての指導者、プレーヤー必見のバレーボール指導DVDの登場です!





第1巻 基本技術の第1歩【パス&セッター練習】   (69分)
第2巻 骨盤前傾を徹底した【レシーブ練習】     (73分)
第3巻 実戦で精度を上げる【サーブ&ブロック練習】 (46分)
第4巻 胸骨操作を意識した【スパイク練習】     (57分)


2008.10

※指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです。