ホーム > スポーツ > バスケットボール > バスケットボール(海外) > ピート・キャリルのプリンストン・オフェンス > ピート・キャリルのプリンストン・オフェンス 全4枚

ピート・キャリルのプリンストン・オフェンス 全4枚

ピート・キャリルのプリンストン・オフェンス 全4枚

セット商品

商品番号 PC-S

販売価格36,000円(消費税込:38,880円)

[最大1,800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

元プリンストン大コーチ、ピート・キャリル氏が開発したプリンストン・オフェンス。
このオフェンスは、バックドアプレイを狙いながら、ボールに対して選手全員が連動して、規律と自由の融合で相手を翻弄し、得点を上げます。選手のサイズに関係なく、全てのチームに適したオフェンスです。 ディフェンス側からすると、このオフェンスを捕らえることは非常に難しく、変幻自在に動く相手に翻弄され、いつの間にか得点を重ねられてしまうという状態に陥ります。
NBAサクラメント・キングスを華麗な攻撃的バスケットへ変貌させたのもこのオフェンスです。
このプリンストン・オフェンスをチームに取り入れて、オフェンシブで魅力あるチームに変貌させてみては、いかがでしょうか?


佐藤久夫 推薦
バスケットボールがスムーズに上達するためには、理論的な理解度が高まっていくことと、技術の習得を同時に図る事である。元日本代表監督 の中村和雄氏絶賛のプリンストンモーションは、チームをつくる過程で選手に総合理解を求める題材として最高のタイトルである。3種類のオフェンスフロアーポジションから形成されるモーションオフェンスは、それぞれにバックドアプレイをねらいながらディフェンスの対応の仕方によって逆を攻めるような変幻自在に変化していくオフェンスである。センター不在のチームや個人の能力に頼らないチームつくりのヒントになる他に、アメリカ高校や大学コーチ陣のモーションオフェンスのバイブルになっている。
(明成高等学校 男子バスケットボール部 ヘッドコーチ 佐藤久夫)



第1巻 プリンストン・オフェンスの組み立て方 (77分)
第2巻 プリンストン・オフェンス完成に向けたドリル (51分)
第3巻 プリンストン・オフェンス ハイポストオプション (50分)
第4巻 プリンストン・オフェンス チン・シリーズ (30分)

2008.12

※指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです。