ホーム > スポーツ > サッカー > サッカー(国内) > 大阪桐蔭“加速するサッカー”がピッチを支配する > 大阪桐蔭“加速するサッカー”がピッチを支配する〜INFのサッカーを日本のユースに伝える〜(全3枚セット)

大阪桐蔭“加速するサッカー”がピッチを支配する<br>〜INFのサッカーを日本のユースに伝える〜(全3枚セット)

大阪桐蔭“加速するサッカー”がピッチを支配する
〜INFのサッカーを日本のユースに伝える〜(全3枚セット)

セット商品SALE!!

商品番号 697-S

定価24,000円のところ
販売価格21,600円(消費税込:23,328円)

[最大1,080ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



★INF(フランス国立サッカーアカデミー)で培った、“止まらないサッカー”を初公開!
★キーワードは「足の裏は使わない」「動きの中ではっきり要求する」
★つないでつないで、ゴール前30mからぐんぐん加速する!
★2011年インターハイ8強!JFAプリンスリーグ3位!新進気鋭のチームが全貌を見せる!



■指導・解説:永野 悦次郎(大阪桐蔭高等学校 サッカー部監督)
■実技協力:大阪桐蔭高等学校 サッカー部



パスサッカー全盛の時代とはいうものの、多くのチームでは、“流れるような”サッカーができていない現状があります。
その大きな原因のひとつに、ボールを止めてしまうことがあります。
「日本のサッカーを見ていると、よく足の裏を使う。足の裏でボールを止めてしまうから、流れが止まってしまう」。
そう話すのは大阪桐蔭高校サッカー部の永野悦次郎監督。同じパス回しでも足の裏を使うのはフットサルの技術。サッカーのパスは加速するように出し、受けることが大切だと話します。
「毎年研修に行かせてもらっているINF(フランス国立サッカーアカデミー)で、まずその点を指摘されました。日本人は器用だが、スピード感のあるプレーができないと。以来、うちではINFの練習を取り入れています」
このDVDでは、INFのサッカーを、大阪桐蔭流にアレンジした練習方法を紹介します。
テーマは『加速』。
これを見れば、いままでと同じパス練習が、シュート練習が、きっと良い方向へ『加速』していくはずです!








697-1 「加速」を生みだすボールコントロール (43分)
697-2 「加速」を強化するパス&コントロール (53分)
697-3 「加速」をゴールにつなげるシュートドリル (49分)

2012.01