ホーム > スポーツ > 水泳 > 水を制する“水泳進化論”〜理解して上達できる「姿勢」トレーニング〜 > 水を制する“水泳進化論”〜理解して上達できる「姿勢」トレーニング〜

水を制する“水泳進化論”<br>〜理解して上達できる「姿勢」トレーニング〜水を制する“水泳進化論”<br>〜理解して上達できる「姿勢」トレーニング〜

水を制する“水泳進化論”
〜理解して上達できる「姿勢」トレーニング〜

商品番号 711-S

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



○新型ストリームラインの全貌を公開!!学校指導のバイブルに!
○概論&ドリルが満載!初心者からトップ選手まで今日から使える!
○水泳研究者とオリンピアンの強力タッグが実現!これまでにはない、水泳指導のDVDが登場!!
○指導者の“見る目”が変わる!



■指導・解説:井口 成明(東京大学教育学部附属中等教育学校・都高体連技術役員)
■監修:吉見 譲(1996年アトランタオリンピック・競泳200m個人メドレー出場)
■実技協力:東京大学教育学部附属中等教育学校水泳部
■撮影協力:三輪田学園



日に日に進化し続ける水泳理論。数年間で「正しい」ことは変わっていきます。
なかでも水の抵抗に関する常識というのは、一昔前と大きな違いがあるといいます。これまで教えられていたことが実は間違いだった。そして、その理論に基づいてコーチングをしていた…そんなサイクルが生まれてしまうのです。
そこで今作では、水泳の根幹であるストリームラインを主とした「姿勢制御」と、段階を追った「ドリル練習」を紹介します。最新の研究に基づいたフォーム解説と、それを身につけるための練習方法が収録されています。
「本当に抵抗の少ない姿勢とは?より効率的な泳ぎとはなんなのか」。東大附属の研究者・井口先生と、アトランタ五輪代表の吉見氏がタッグを組んで解説しています。
また、いろいろな道具を使って、楽しみながら行なえるアイディア練習法なども紹介。学校指導の先生方はもちろんのこと、スクールで指導するコーチの方も使える、そんな作品となっています。


■イントロダクション
 *指導者の説明力が選手の技術を向上させる

■抵抗の少ない姿勢づくり
 〜速く泳ぐための低抵抗な姿勢とは? 姿勢を制御するバランス感覚とは?〜
 *抵抗の少ない姿勢とは?
 *水中での抵抗テスト
 (1)両腕を体側/(2)両腕は肩幅で前方に伸ばす/(3)ストリームライン

■新・旧ストリームラインの理論
 〜新型ストリームラインのポイントとは?〜
 *新型ストリームラインの体形作り/姿勢の確認方法

■新型ストリームラインの練習法
 〜新型ストリームラインを身につける〜
 *ストリームラインジャンプ
 *ストリームラインで距離を競う
 *スタート&ターンからのストリームライン

■東大附属オリジナル・技術トレーニングセット《姿勢編》
 〜泳ぎを意識しながらメイン練習に入る前に〜
 *スカーリングを利用した姿勢づくりのトレーニング《フロント/インナー/プッシュ》
 *リラクゼーションキック/サイドキック《固定・ローリング》
 *ビート板に脛をのせてプル
 *レッグレイズ/ヘッドアップクロール/キャッチアップ
 *Easy⇒Hard(Hard⇒Easy)
 *スタートダッシュ(ダイブ)

■姿勢づくりのアイディアドリル《応用編》
 〜楽しみながら行うバランス感覚養成トレーニング〜
 *バランスボールに乗って
 *ビート板浮き
 *ビート板を持つ腕を伸ばしてキック
 *ビート板の上に乗ってスカーリング
 *ピストンキック
 *フィストスイム
 *チューブを利用したプル
 *逆再生クロール
 *練習用具の解説

■姿勢づくりのための陸上トレーニング
 〜バランス感覚・筋力向上トレーニング〜
 *バランスボール(1)(2)(3)(4)
 *手押し車










(50分)
2012.01