ホーム > スポーツ > バスケットボール > バスケットボール(国内) > 梅嵜監督・ポストマンディフェンスのすべてポストを制する者が、ゲームを制する > 梅嵜監督・ポストマンディフェンスのすべて〜ポストを制する者が、ゲームを制する〜(全2枚セット)

梅嵜監督・ポストマンディフェンスのすべて<br>〜ポストを制する者が、ゲームを制する〜<br>(全2枚セット)

梅嵜監督・ポストマンディフェンスのすべて
〜ポストを制する者が、ゲームを制する〜
(全2枚セット)

セット商品

商品番号 719-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.5) 4.67

■指導・解説:梅嵜 英毅(山梨学院大学 女子バスケットボール部監督)
■実技協力:山梨学院大学 女子バスケットボール部


福岡県出身。日本体育大学卒業。
ケンタッキー大学にコーチ留学後、日立那珂(現・日立ハイテクノロジーズ)ヘッドコーチに就任。その後、再度のコーチ留学と社会人チームのヘッドコーチ経験を経て、2010年より女子日本代表のアシスタントコーチを務める。リオ五輪では8位入賞に貢献した。
1対1の強さを育てて、その上にチームプレイを加えてチームを強化していく形を理想としている。




強いチームには、必ず得点源となるエースがいます。ゾーン禁止の中学生以下のチームでは、そういった選手がいるために1on1で勝てないマッチアップが出てきてしまうのが必然となっています。そこで使われるのが、トラップ(ダブルチーム)です。シンプルかつ効果的に得点源を封じられるので、どんなチームでも落とし込みやすいスキルです。しかし、ジュニア世代のチームで起こりやすい問題は、その後の「ローテーション」にあります。トラップでオフェンスを乱した後、ディフェンス側のチャンスとなるはずが、ローテーションの乱れでノーマークをつくり逆に得点されてしまう、ということは特に中学生以下の試合では頻繁に起こり得ることです。
効果的なトラップで相手の得点源を封じ、確実なローテーションでボールを奪う。これを徹底させることで小さいチームでも「チームの力で守り勝つ」ことができます。マンツーマン時代に必携のDVD、ぜひご覧ください!







719-1 基本練習とトラップドリル(47分)
719-2 トラップを取り入れた実戦ディフェンス(65分)


2012.07

youさん(1件)

非公開 投稿日:2013年08月09日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

一度お会いしたことがありますが、女性指導者の一人として、知っていることが多かったですが、分かりやすく丁寧です。しっかりポイントをおさえており、再度考えさせられる事もありました。考える力がないと難しいこともありますが、チームにあったようにアレンジすれば、将来のナショナルチームのためにもなると思います。

アンチジョイナスさん(1件)

非公開 投稿日:2013年07月13日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

トラップのタイミングや相手のチーム事情を考慮してのトラップに行く選手などの動きがあって良かった。
 しいて5ではなく4にしたのはハーフコート全体で動きがわかったが、もっと細かいところの解説があるといい。例えばトラップで間を割られないようにとあるが、その部分をもっとズームして足や手の位置などを示して欲しい。

やすさん(3件)

非公開 投稿日:2013年07月12日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

たいへん分かりやすく、ディフェンスのローテーションの動きが理解しやすかったです。

小さいチームには、特に参考になる内容だったと思います!