ホーム > 教育 > 演劇 > 斉藤俊雄の『私の脚本のつくりかた教えます』 > 斉藤俊雄の『私の脚本のつくりかた教えます』〜演出の可能性を引き出す!学校演劇のための脚本づくり〜(全3枚セット)

斉藤俊雄の『私の脚本のつくりかた教えます』〜演出の可能性を引き出す!学校演劇のための脚本づくり〜(全3枚セット)

斉藤俊雄の『私の脚本のつくりかた教えます』
〜演出の可能性を引き出す!学校演劇のための脚本づくり〜(全3枚セット)

セット商品

商品番号 P07-S

販売価格21,000円(消費税込:22,680円)

[最大1,050ポイント進呈 ]

[ 送料個別 540円 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



☆誰にでもできる!斉藤俊雄先生による学校演劇のための脚本づくりを大公開!!
☆脚本づくりの基礎基本→演出を意識した脚本づくりのポイント→生徒創作による実践!
  スリーステップでどこまでもわかりやすい!
☆書籍で挫折された方にもオススメします!
☆各巻実演部分及び生徒創作の脚本もPDFデータにて収録!!



■指導・解説:斉藤 俊雄(埼玉県久喜市立太東中学校演劇部顧問/前埼玉県久喜市立久喜中学校演劇部顧問)
■実技協力:埼玉県久喜市立久喜中学校 演劇部



指導者実績
第12回全国中学校文化連盟総合文化祭推薦作品である『ふるさと』をはじめ、『春一番』、『青空』、『ときめきよろめきフォトグラフ』など多くの作品が日本全国の中学、高等学校の学校現場で高い評価を受けている。中学生が演じる事で最も輝ける脚本や、劇づくりを通して子ども達の成長を願うその作品づくりは、演劇部だけでなく、学年演劇用の脚本としても非常に人気が高い。



演劇部の活動状況は学校によって本当に千差万別です。男子がいない、人数が少ない、または多すぎる……などなど、「既存の脚本では無理だ!創作しよう!でも作り方がわからない……」とお悩みの先生も多いのではないでしょうか。そこで今回は、日本全国の学校現場で大変な人気を誇る斉藤俊雄先生を講師に迎え、最新作『ふるさと』の脚本づくりを通して、『春一番』、『青空』、『ときめきよろめきフォトグラフ』など多くの人気作品を生み出してきた脚本づくりを詳しくご紹介します。
ネタ集めや構成の方法などの基本項目はもちろん、オープニングや舞台転換等の演出を踏まえた演出方法、さらには実際に生徒が創作した作品を推敲し上演する実践段階までしっかりとご紹介しておりますので、これから演劇を始められる方でも非常にわかりやすくご覧いただけるでしょう。
生徒創作の脚本を評価すればいいのかわからない、という先生方にもお勧めのDVDの登場です!






P07-1 脚本創りの基礎知識 構成段階から執筆・推敲まで(66分)
P07-2 舞台演出・役者の表現を意識した脚本創りのポイント(62分)
P07-3 生徒による脚本創作・推敲から実演まで(59分)


2012.10