ホーム > 歯科 > AAP > 欠損のある前歯部歯槽堤のマネジメント > 第97回アメリカ歯周病学会年次総会 欠損のある前歯部歯槽堤のマネジメント(全3枚)

第97回アメリカ歯周病学会年次総会 欠損のある前歯部歯槽堤のマネジメント(全3枚)

第97回アメリカ歯周病学会年次総会
欠損のある前歯部歯槽堤のマネジメント(全3枚)

セット商品

商品番号 DE95-S

販売価格30,000円(消費税込:32,400円)

[最大1,500ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



・皮質海綿骨グラフト、rhBMP-2/チタンメッシュ、rhPDGFを用いた3つのアプローチを学ぶ!



■講演者:Marc L. Nevins マーク・L・ネビンス(ハーバード大学の臨床准教授、インターナショナル・ジャーナル・オブ・ペリオ・アンド・レストラティブ・デンティストリーの共同編集員)
■講演者:Sacha A. Jovanovic サシャ・A・ジョヴァノヴィッチ(UCLA歯学部でインプラント卒後教育のディレクター、gIDE研究所の創設者でディレクター)
■講演者:Oded Bahatオデッド・バハト(歯周病学と博士号はシアトルのワシントン大学で取得、元USCの歯周病学プログラムポスドク部門のディレクター)

■監訳:坂上 竜資(福岡歯科大学口腔治療学講座歯周病学分野教授)

※日本語吹替版(音声多言語:日本語/英語)



2011年11月にマイアミで開催された第97回アメリカ歯周病学会年次総会での講演の中から特に注目を集めた内容について紹介しています。この講演では、「欠損のある前歯部歯槽堤のマネジメント」に焦点を当てています。
前歯部歯槽堤に欠損のある症例のマネジメントは、審美的な要求と解剖学的な構造の特徴のために最も難しいチャレンジの1つです。多くの効果的なテクニックが存在する一方で、最も適したテクニックの選択に悩む場合もあります。このDVDでは、皮質海綿骨グラフト、rhBMP-2/チタンメッシュ、rhPDGFを用いた3つのアプローチを取り上げ、それぞれのテクニックにおける、歯槽堤欠損を治療するための適応症、限界、技術的挑戦、そして合併症について紹介しています。

プログラムトラック
・再生/ティッシュエンジニアリング

教育目的
・欠損のある前歯部歯槽堤の再構築について学ぶ。
・成長因子と分化因子の使用を含め、皮質海綿骨グラフト、チタンメッシュの適応症を理解する。 
・それぞれのテクニック特有の合併症及びその管理方法を理解する。







DE95-1 「マーク・L・ネビンス」(45分)
DE95-2 「サシャ・A・ジョヴァノヴィッチ」(42分)
DE95-3 「オデッド・バハト」(50分)


2013.01