ホーム > スポーツ > サッカー > サッカー(国内) > 四日市中央工業・樋口士郎 コーチングの『核』〜連続した攻守の切り替えを知る〜 > 四日市中央工業・樋口士郎 コーチングの『核』〜連続した攻守の切り替えを知る〜(全2枚)

四日市中央工業・樋口士郎 コーチングの『核』<br>〜連続した攻守の切り替えを知る〜<br>(全2枚セット)

四日市中央工業・樋口士郎 コーチングの『核』
〜連続した攻守の切り替えを知る〜
(全2枚)

セット商品

商品番号 752-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00



○「3秒・シンプル・球際」を決め事に、攻守の切り替えを瞬時に行う!
○攻守ともハードワーク!より攻撃的に、より意図的に!
○ボールを“奪ったあと・奪われたあと”のプレーをクローズアップ!
○樋口監督「格上と戦って感じる差は“切り替えの精度”」。




■指導・解説:樋口 士郎(三重県立四日市中央工業高等学校サッカー部監督)
■実技協力:三重県立四日市中央工業高等学校サッカー部



緻密な作戦が敷かれる現代サッカーにおいても、「ボールを奪った・奪われた」シーンでは、どうしても大きな隙が生まれます。ここをチャンスにするか、ピンチにしてしまうかで、試合の結果にも大きな影響が出てきます。
そこでこのDVDでは、そのカギとなる場面を切り取り、『攻守の切り替え』をテーマとしたコーチングを紹介します。
指導・解説は四日市中央工業の樋口士郎監督。選手としても選手権準優勝、指導者としても2011年度に準優勝を果たすなど、伝統校「四中工」のすべてを知る同氏。自身の豊富な経験を反映した指導法を惜しげもなく披露してくれました。
ボールを奪われたら“3秒”以内にプレスをかけ、奪ったらなるべく“シンプル”に展開していく。そしていずれの場合も“球際”を大切にするという約束のもと、それぞれの練習が行われていきます。
「攻守の切り替え」は各年代において、とても重要なファクターとなります。このDVDを参考に、それぞれのレベルに合わせたトレーニングを行ってみてください。







752-1 攻から守への切り替え〜プレスディフェンス〜(66分)
752-2 守から攻への切り替え〜ショートカウンター〜(67分)


2013.01

ふじさんさん(2件)

千葉県/50代/男性 投稿日:2013年12月13日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

実直で素敵な人格者の士郎さんの指導、とても参考になります。