ホーム > スポーツ > 卓球 > 公立中学校“800日”の練習計画 > 公立中学校“800日”の練習計画 〜カット・ツブ高・ダブルスで初心者が全国を狙う!〜(全3枚)

公立中学校“800日”の練習計画 <br>〜カット・ツブ高・ダブルスで初心者が全国を狙う!〜(全3枚)

公立中学校“800日”の練習計画
〜カット・ツブ高・ダブルスで初心者が全国を狙う!〜(全3枚)

セット商品

商品番号 777-S

販売価格24,000円(消費税込:25,920円)

[最大1,200ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



★ジュニア育ちの選手が揃った強豪校に対抗するために、中学からラケットを握った選手たちがやるべき練習とは!?
★各戦型の基本から戦略まで。個性と適性を伸ばす指導法を紹介!
★『夢は力なり』。卓球初心者が全国の舞台を踏むための、2年半「800日」の挑戦!!



■指導・解説:高須 昌寿(今治市立上浦中学校教諭/前今治市立日吉中学校 卓球部顧問)
■実技協力:愛媛県 今治市立日吉中学校 卓球部
 


公立校でクラブ所属なし、大半が未経験の選手たちという状況にも関わらず、全国の強豪と肩を並べる今治市立日吉中学校。その強さの秘訣をDVDで紹介します!
中学校で実際に練習ができる日数は約800日。そのなかで私学やクラブ選手たちに勝つためには、しっかりとした戦略を持つ必要があります。ましてや初心者が多い公立中学校、工夫をしなければキャリアの長い選手に勝ち目はありません。
そこで高須昌寿先生が掲げるのが、『カットマン、ツブ高、ダブルス』という3つのポイントです。
800日後から逆算し、入学後から選手の適性や習熟度を見ながら独自のプレースタイルを持った選手に育てていく。3年生の夏、選手1人1人の力では負けていても、どこかで誰かが3点を取る負けないチームを作り上げていくのです。
どんな選手・チームにも全国に出たい、県大会で勝ちたいという各々の夢があります。日吉中の練習をヒントに、ぜひ皆さんの選手の夢もかなえてあげてください!







777-1 「カットマン」の段階的指導(58分)
777-2 強敵を翻弄する「ツブ高」の技術(60分)
777-3 団体戦を勝ち抜く「ダブルス」の戦略(56分)


2013.05