ホーム > スポーツ > バレーボール > 『指導者のためのバレーボール“スカウティング”入門』 > 『指導者のためのバレーボール“スカウティング”入門』 〜元全日本アナリストが伝授する、バレーボールの真骨頂〜(全1枚)

『指導者のためのバレーボール“スカウティング”入門』<br> 〜元全日本アナリストが伝授する、バレーボールの真骨頂〜(全1枚)

『指導者のためのバレーボール“スカウティング”入門』
〜元全日本アナリストが伝授する、バレーボールの真骨頂〜(全1枚)

セット商品

商品番号 785-S

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.0) 4.00



★データを駆使し、実戦を勝ち抜く!情報を分析し、練習に生かす!
★「数字が見えるとバレーの裏側が見える」。アナリストの視点を、中高生指導に役立てる!
★アタック決定率と効果率の違いとは!?チャートやシートの記入の仕方とは!?
★収集した情報を分析して、情報に“価値”と“命”を吹き込め!

☆作中で使用した画像資料&シートがダウンロードできる!!
*このDVDで使用しているオフェンスチャートやチェックシート等をPDF形式のデータとして
 ジャパンライム通販サイト内 特典ダウンロードセンター
 よりダウンロードできます。(8種 計9P)



■指導・解説:吉田 清司(FC東京バレーボールチーム 総監督/元全日本男子アナリスト)
■協力:下北沢成徳高等学校 女子バレーボール部/早稲田大学 男子バレーボール部



敵を知り己を知れば、百戦危うからず。
勝負において必要なことは、自チームおよび、相手チームの弱点と長所を明らかにすることです。
バレーボールにおいてデータが使われるようになり、客観的な分析によって「敵」も「己」も知ることが容易になってきました。日本代表をはじめ、世界のバレー界ではもはや“スカウティング”という言葉は常識となっています。
しかし、それが中学や高校の現場で浸透しているかというと、まだまだというのが現状です。コーチの経験則や主観的な分析のみが、指導の現場では頼りとなっているのです。
そこでこのDVDでは、映像の撮り方から数字の出し方、情報分析の仕方から練習方法まで、『アナリスト』としての仕事を紹介しています。
指導・解説をしてくれたのは、日本代表でもアナリストを務めた吉田清司氏。現在は日本のアナリスト育成の第一人者でもある氏が、中高生指導において必要な『眼』について話してくれました。
相手に勝つため、自分たちの弱点を克服するためには、そのための準備と知識が必要です。もっともっとバレーボールを知るために、ぜひこの1本をお役立てください!

アナリストの役割【収集・分析・伝達】

1、情報の収集チームや個人の情報・データを正確に収集する
2、情報の分析収集した情報・データを精選・分析して作戦、戦術を立案する
3、情報の伝達有益な情報・戦術をスタッフや選手に効果的に伝達・浸透させる



■Step1 
 ・イントロダクション
 ・なぜ「スカウティング」が必要なのか?
 ・アナリストとは?

■Step2 
 ・情報を収集する
 ・映像を撮る
 ・情報を抽出する方法

■Step3 
 ・スカウティングの基礎用語
 ・ローテーションチャートの記入
 ・オフェンスチャートの記入
 ・ディフェンスチャートの記入
 ・データチェックシートの記入
 ・ブロックチェックシートの記入
 
■Step4 
 ・情報を分析する

■Step5 
 ・スカウティングレポートをつくる
 
■Step6
 ・情報を伝達する

■Special 
 ・スカウティングからフィードバックまでの流れ
 ・スカウティングをもとに行うシミュレーション練習






(92分)
2013.07

けんやさん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2014年12月10日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

スカウティング手法について書かれた書籍などはなかなか無いので基本的なところから説明してもらって大変勉強になった。

まっちゃんさん(2件)

非公開 投稿日:2014年02月10日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

あたりまえと言えば、あたりまえのことを教えてくれているのですが、ついつい見落としがちになりそうなことに気付かしてくれます。
私なりには、買ってよかったと思っています。