ホーム > 歯科 > AAP > 第98回アメリカ歯周病学会年次総会歯周形成外科のレトロスペクティブ評価 > 第98回アメリカ歯周病学会年次総会歯周形成外科のレトロスペクティブ評価(全3枚セット)

第98回アメリカ歯周病学会年次総会歯周形成外科のレトロスペクティブ評価(全3枚セット)第98回アメリカ歯周病学会年次総会歯周形成外科のレトロスペクティブ評価(全3枚セット)

第98回アメリカ歯周病学会年次総会
歯周形成外科のレトロスペクティブ評価
(全3枚セット)

セット商品

商品番号 DE103-S

販売価格30,000円(消費税込:32,400円)

[最大1,500ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



★様々なグラフト・テクニックとその利点を学ぶ!
★侵襲が少なく審美性を向上させる外科的なテクニックの発展とは!



■講演者:Edward P. Allen エドワード・P・アレン
■講演者:Michael K. Sonick マイケル・K・ソニック
■講演者:Pierpaolo Cortellini ピエルパオロ・コルテリーニ
■監訳:佐藤 聡(日本歯科大学新潟生命歯学部歯周病学講座教授)

※日本語吹替版(音声多言語:日本語/英語)



2012年9月〜10月にロサンゼルスで開催された第98回アメリカ歯周病学会年次総会での講演の中から特に注目を集めた内容について紹介しています。
この講演のテーマは、「25年間にわたる歯周形成外科のレトロスペクティブ評価」です。
口蓋側の結合組織グラフトで行う歯肉リセッションを、予知性をもって治療する技術力は、この四半世紀の間、歯周治療に於ける1つの基礎でした。この間、外科的なテクニックはより侵襲が少なく、そして審美性を向上するよう、洗練され、改良されて来ました。
これらの進展と共に、口蓋のドナー組織に代わるものが登場し、外科的なテクニックは精練され、罹患率を減少させながら、保守的な従来の方法を凌ぐ結果を達成することを目指してきました。
このプログラムは25年以上に渡る、これらの発展を紹介します。

【プログラムトラック】
  歯周形成/口腔再建手術
【教育目的】
  ・上皮下結合組織グラフトを行う主要な要素をリストアップする。
  ・表面切開を最小限に抑え無細胞のダーマル・マトリックスを使うグラフト・テクニックの利点を学ぶ。
  ・歯根被覆の代替え法、そしてその使用が他のアプローチに取って換わる状況を学ぶ。






DE103-1 「軟組織グラフトの進化」(43分)
DE103-2 「グラフトの3つのタイプ」(38分)
DE103-3 「歯肉弁歯冠側移動術での歯根被覆」(51分)


2013.07