ホーム > 歯科 > AAP > 歯周組織再生の可能性を最大限に高めるのは成長因子か ? それとも細胞か ? > 第98回アメリカ歯周病学会年次総会歯周組織再生の可能性を最大限に高めるのは成長因子か ? それとも細胞か ?(全2枚セット)

第98回アメリカ歯周病学会年次総会歯周組織再生の可能性を最大限に高めるのは  成長因子か ? それとも細胞か ?(全2枚セット)第98回アメリカ歯周病学会年次総会歯周組織再生の可能性を最大限に高めるのは  成長因子か ? それとも細胞か ?(全2枚セット)第98回アメリカ歯周病学会年次総会歯周組織再生の可能性を最大限に高めるのは  成長因子か ? それとも細胞か ?(全2枚セット)

第98回アメリカ歯周病学会年次総会
歯周組織再生の可能性を最大限に高めるのは
成長因子か ? それとも細胞か ?
(全2枚セット)

セット商品

商品番号 DE108-S

販売価格20,000円(消費税込:21,600円)

[最大1,000ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



○歯周組織再生を目的とする革新的な手法!
○細胞、スキャフォルド、シグナル分子の役割を理解する!



■講演者:David L. Cochran デビッド・L・コックラン
■講演者:Marc L. Nevins マーク・L・ネビンス
■監訳:沼部 幸博 DDS, PhD(日本歯科大学 生命歯学部 歯周病学講座 教授)
※日本語吹替版(音声多言語:日本語/英語)



2012年9月〜10月にロサンゼルスで開催された第98回アメリカ歯周病学会年次総会での講演の中から特に注目を集めた内容について紹介しています。この講演のテーマは、「歯周組織再生の可能性を最大限に高めるのは成長因子か?それとも細胞か?」です
歯周組織再生を目的とする革新的な手法が、この10年で大幅な進化を遂げました。
歯周組再生をめざす、細胞、スキャフォルド、シグナル分子などを応用した、新しいコンセプトを持った方法が紹介されています。
二人の演者は、歯周病変のある部位の歯根膜、歯槽骨およびセメント質を再構築可能で、またインプラント埋入前に新しい骨を造成する能力のある方法を報告しています。
この効果的で予知性が高く、今後の歯周治療の選択肢となる方法への新しいアプローチと、その基礎、臨床的エビデンスをこのセッションでご紹介します。

<教育目的>
・臨床成績を決定づける創傷治癒のバイオロジーと、細胞、スキャフォルド、シグナル分子の役割を理解する。
・術式の創傷治癒の原理と、適応、禁忌を認識する。
・歯周組織および骨再生に焦点を当てた新しい組織再生療法の臨床応用を学ぶ。






DE108-1 「デビッド・L・コックラン」(38分)
DE108-2 「マーク・L・ネビンス」(39分)


2013.10