ホーム > 歯科 > 歯科医師 > AAPスプリング ・ カンファレンスインプラント周囲炎のための治療戦略 > アメリカ歯周病学会スプリング ・ カンファレンスインプラント周囲炎のための治療戦略 (全1枚)

インプラント周囲炎のための治療戦略インプラント周囲炎のための治療戦略インプラント周囲炎のための治療戦略

アメリカ歯周病学会スプリング ・ カンファレンス
インプラント周囲炎のための治療戦略 (全1枚)

セット商品

商品番号 DE114-S

販売価格10,000円(消費税込:10,800円)

[最大500ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


★非外科処置および外科処置による様々なアプローチ!
★再生治療と切除治療の長所と短所を理解する!



■講演者:Paul S. Rosen (ポール・ローゼン)
メリーランド大学歯周病科アシスタントプロフェッサー。ペンシルベニアにて開業。
歯周病&インプラント埋入治療の専門家であり、種々の歯科雑誌の編集に携わるとともに、
歯周再生治療や、歯周治療、矯正歯科治療を含めたインプラント治療についての数多くの論文を発表している。
■監訳:大山 高太郎
(東京都開業、ロマリンダ大学歯学部インプラント科アシスタントプロフェッサー)

※日本語吹替版(音声多言語:日本語/英語)



このDVDでは、2013年4月にシカゴで開催されたアメリカ歯周病学会スプリングカンファレンスでの講演の中でも特に注目を集めたものを紹介しています。

今回ご紹介する講演のテーマは「インプラント周囲炎のための治療戦略」です。

インプラント周囲炎は、インプラント周囲の軟組織への炎症症状だけでなく周囲骨のダメージをも引き起こします。その発生原因や治療方法については、かなり研究されてきました。そのインプラント周囲炎を治療する為に、いろいろな非外科処置、または外科処置によるアプローチが試され、種々の成功を収めてきました。この講演では、インプラント周囲炎の治療方法における様々なアプローチや失われた硬組織と軟組織の再建方法についての文献によるエビデンスを紹介しています。

<教育目的>
○インプラント周囲炎の非外科処置による治療法による限界項目のリストアップ
○再生に最も影響を及ぼす病巣を認識すること。
○再生治療と切除治療の長所と短所を検討すること。

<収録内容>
■インプラント周囲炎と歯周炎の治療方法の共通性
■インプラント粘膜周囲炎とインプラント周囲炎との違い
■インプラント周囲粘膜炎に関連した粘膜の形態を改善する為の移植について
■インプラント周囲炎の治療方法
■歯牙に対しての、非外科的な治療対応の限界
■細菌の解析をして有効な抗菌剤を使用する治療と外科処置
■余剰セメントにより歯周組織に感染が起きた場合の処置
■再生療法
■一度感染したインプラントの表面にでも骨は再生可能か
■感染物の除去
■インプラント周囲炎の治療としてインプラントプラスティー(インプラント形成)
■インプラントの除去
■どれくらい大きい骨欠損を治せる事が出来るか
■メインテナンス



本編ピックアップ動画


(55分)
2014.1