ホーム > スポーツ > ハンドボール > 次世代ハンドボールの “ 戦術的思考トレーニング ” > 次世代ハンドボールの “ 戦術的思考トレーニング ”〜 ダイナミックな動きを用いたポジションチェンジ攻撃の意図を理解する 〜(全2枚)

次世代ハンドボールの “ 戦術的思考トレーニング ”〜 ダイナミックな動きを用いたポジションチェンジ攻撃の意図を理解する 〜(全2枚)

次世代ハンドボールの “ 戦術的思考トレーニング ”
〜 ダイナミックな動きを用いたポジションチェンジ攻撃の意図を理解する 〜(全2枚)

セット商品

商品番号 830-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.5) 4.67



★どんな防御でも攻め切れるフレキシブルな戦術
★ポジションプレーの限界を越える
★プレーごとの丁寧な解説で、指導者に必要な視点がよくわかる



■指導・解説:藤本 元(筑波大学男子ハンドボール部監督)
■実技協力:筑波大学男子ハンドボール部



ポジションチェンジの利点
・ダイナミックな動きを使って、防御を揺さぶることができる
・選手の個性を生かして、組織的な攻撃をデザインしやすい
・防御の弱点を、組織的に攻撃しやすい

ポジションプレーには攻撃の意図を明確にしやすいという利点がありますが、相手に予測されやすいという欠点もあります。
テーマとなるポジションチェンジの一番の利点は、長い距離の走り込みなど“ダイナミックな動き”で防御を揺さぶることができる点。
その中で的確な状況判断をしながら攻撃の糸口を探るのがポジションチェンジ攻撃です。
フレキシブルな戦術なので精度が高まるにつれ、攻略できる防御がどんどん増えていきます。
しかし状況判断能力を含めそれらをトレーニングしていくことは簡単ではありません。

そこで今回はまずPowerPointを使って丁寧に解説をしていただき、テーマをしっかり理解できるように構成しています。
紹介していただいたのは藤本元氏。最先端のハンドボール指導を研究し実践する理論派指導者です。
実践練習では良かった点や修正点をプレーごとに解説・指導していただいているので、練習中指導者に必要となる視点や選手に理解させる声のかけ方がよくわかります。
また基本技術から6対6までボード解説を交えながら段階的に紹介しているのでより深く理解できることでしょう。
ハンドボール指導のステップアップに是非お役立てください。






<830-1>基本技術と2対1から4対3 (69分)
<830-2>6対5から6対6 (50分)


2014.03

ジェールさん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2015年12月10日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

トヨタ車体の酒巻さんのものも購入しましたが、あちらのほうが、作りも丁寧です。
こちらの方の良い点は、一枚目の、パスのテンポやリズムを、変える練習が紹介されている事ではないでしょうか。2枚目のコストパフォーマンスはやや低いと思いました。二通りのきっかけからの解説しかないためです。
酒巻作品を補完する意味で役に立っています。

fjstさん(3件) 購入者

東京都/20代/男性 投稿日:2014年05月09日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

分かりやすく、練習を考えるうえで参考になりました。

番長さん(1件)

非公開 投稿日:2014年04月20日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

ステップ,ランニング,ジャンプシュートなどで前を狙うことを意識づけられ,攻撃のきっかけの一つとして指導するにはとても参考になりました。練習していく中でパスのつながりもよくなってきました。判断力と緩急のあるパスワークも一緒に練習できています。