ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > 筋骨格疼痛症候群治療のためのヤンダ ・ アプローチ > 筋骨格疼痛症候群治療のためのヤンダ ・ アプローチ〜 機能的なアプローチの概論と評価の実際 〜(全2枚・分売不可)

筋骨格疼痛症候群治療のためのヤンダ・アプローチ筋骨格疼痛症候群治療のためのヤンダ・アプローチ筋骨格疼痛症候群治療のためのヤンダ・アプローチ

筋骨格疼痛症候群治療のためのヤンダ ・ アプローチ
〜 機能的なアプローチの概論と評価の実際 〜
(全2枚・分売不可)

セット商品

商品番号 ME147-S

販売価格12,000円(消費税込:12,960円)

[最大600ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



★チェコのリハビリテーションの父、ヤンダ氏が提唱した”ヤンダ・アプローチ”の基本概念! ★マッスル・インバランスを改善し、運動パターンを正常にする! ★臨床でよく見られる筋骨格異常に対するアプローチ!



■実技・解説:Clare Frank クレア・フランク(DPT、MS、OCS、FAAOMPT)
 〔解説者プロフィール〕
 ヤンダ氏の直接指導を受け、現在は、その豊富な臨床経験・教育経験を活かし、臨床インストラクターとして世界各地で活躍。

■監修:小倉 秀子(PT、DPT、MTI東京主宰)
※DVD版:日本語吹替版(音声多言語:日本語/英語)
※ダウンロード版:日本語吹替版(英語のみの音声はありません)



ヤンダ・アプローチとは…
チェコの神経学者・リハビリテーション医のブラディミア・ヤンダ氏が提唱したアプローチ。筋や神経等に対し個別に治療するのではなく、姿勢や運動パターンなど全身的な評価を行うことでマッスル・インバランスを見つけ、中枢神経系と筋骨格系からアプローチしていく方法で、様々な障害に対して活用することが出来る。
慢性的な筋骨格の疼痛は、マッスル・インバランスによる機能障害を引き起こし、運動パターンを崩してしまいます。
ヤンダ・アプローチでは、全身的な評価を行い、痛みの因子や誘発要因を特定します。そして、筋の協調性、収縮、活性化を整えることで痛みを軽減し、運動パターンを正常にするために働きかけていきます。

理学療法士や作業療法士の方はもちろん、日々、身体のコンディショニングにあたるトレーナーの方にとっても非常に役に立つ内容です。是非、このDVDでヤンダ・アプローチの理論を学び、お役立ていただければと思います。



<ME147-1  筋骨格疼痛症候群に対する機能的なアプローチ (80分)>
ここでは、ヤンダ・アプローチを実践するにあたって必須となる機能的なアプローチの概論を解説します。評価と治療の基礎となる重要な考え方です。


■イントロダクション

■機能的なアプローチ
 ◎構造と機能
 ◎機能障害とマッスル・インバランス
 ◎安定性と運動性のバランス
 ◎フィードバック、フィードフォワード
 ◎筋スリングと連鎖
 ◎姿勢連鎖
 ◎筋の分類
 ◎緊張系と相動性系
 ◎マッスル・インバランスによる2次的な障害
 ◎リハビリテーションのゴール

……・・・………………・・・…………・・・………………・・・……

<ME147-2  筋骨格疼痛症候群の評価 (29分)>
評価では、様々なテストから緊張・短縮した筋、弱化した筋を鑑別し、治療へと繋げていきます。ここでは実技で評価の方法を解説します。

■評価の概要

■評価の実際
 ◎股関節伸展テスト
 ◎起き上がりテスト
 ◎頚部屈曲テスト
 ◎肩関節外転テスト
 ◎股関節外転テスト
 ◎腕立て伏せテスト

■評価の実際(仮説の立証)
 ◎股関節伸展テスト
 ◎トーマステスト変法
 ◎トーマステスト変法(短縮している筋の鑑別)

■まとめ







2014.5

この商品を買った人はこんな商品も買っています