ホーム > 獣医 > 超音波を用いた心臓全体の検査 > ULTRASOUND FOR THE VETERINARY PRACTITIONER Self-Study DVD General Cardiac ExamDr.クレイグ・マッキンスの超音波スキルアップシリーズ超音波を用いた心臓全体の検査(全3枚セット・分売不可)

Dr.クレイグ・マッキンスの超音波スキルアップシリーズ 超音波を用いた心臓全体の検査全3枚セット

ULTRASOUND FOR THE VETERINARY PRACTITIONER Self-Study DVD General Cardiac Exam
Dr.クレイグ・マッキンスの超音波スキルアップシリーズ
超音波を用いた心臓全体の検査
(全3枚セット・分売不可)

セット商品

商品番号 VM45-S

販売価格25,000円(消費税込:27,000円)

[最大1,250ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00



超音波画像診断の世界的権威者、Dr.クレイグ・マッキンスのDVDシリーズ第三弾!

心臓を正確に測定・評価するために!臨床画像を用いて分かりやすく解説!

超音波装置の機能や操作方法を自己学習できるDVD!



■解説:Craig McInnis:クレイグ・マッキンス(DVM)
■監訳:松田 浩珍(東京農工大学大学院農学研究院教授/元米国エール大学医学部招聘客員教授)
※日本語吹替版(英語のみの音声はありません)



36年間の獣医臨床経験と、21年間の超音波経験を持ち、超音波画像診断教育と超音波装置の開発を行っている世界的権威者、Dr.クレイグ・マッキンスの超音波スキルアップシリーズの第三弾!今回は、「超音波を用いた心臓全体の検査」です。

超音波検査には経験とコツが必要です。特に心臓の超音波検査には、高いスキルが要求されます。
このDVDは、心臓疾患の診断と治療において必要なスキルを、映像を見ながら自己学習できるように構成されています。
超音波検査のプロフェッショナルであるDr.クレイグ・マッキンスが、トランスデューサーの使い方、超音波画像の最適化の方法、心臓壁と心室の大きさの測定、カラーフロードップラーの使用方法、スペクトルドップラーの使用方法、心臓の測定値の解説など、臨床で役に立つテクニックを分かりやすく解説。また、心臓専門医に相談が必要な場合でも、正確な測定値、静止画像、動画によって正しく伝えるために、このDVDが役に立ちます。
このDVDを何度も見て、超音波検査のスキルを磨いていただければと思います。

※3巻目には、心臓の超音波検査による所見と共に、一般的な治療の適用と理解を手助けする、クイックリファレンス・ガイドラインがPDFファイル(全3ページ)で付属しております。



VM45-1 基本操作と右側短軸画像での検査 (56分)
ここでは、検査を始める前の準備やトランスデューサーの使い方などの基本スキルを解説。また、右側短軸画像で心臓検査を始めるために必要な画像の最適化の方法や、位置関係を学びます。

■イントロダクション

■罹患動物
◎罹患動物の情報
◎罹患動物の準備
◎罹患動物の保定
◎他の保定

■トランスデューサー
◎トランスデューサーの持ち方
◎トランスデューサーの種類
◎超音波ビームを動かす
◎圧力の使用
◎肋骨のそばで閉塞物を観察する
◎画像のドリフト

■右側短軸
◎画像の最適化
◎心臓軸に合わせる
◎位置関係
◎Mモードでの測定-LV
・2次元でのLVの検出
・2次元での構造
・2次元の評価
・Mモードとは?
・スイープスピード
・Mモードの構造



VM45-2 超音波の画像モードと測定法 (73分)

ここでは、Mモードでの測定方法、カラーフロードップラーやスペクトルドップラーの使用方法などを分かりやすく解説します。

■Mモードでの測定
◎LV(左心室)
・LVMモードでの測定
・Mモードでの評価
◎EPSS(E点心室中隔間距離)
・2次元での僧帽弁の検出
・2次元での構造
・MV(僧帽弁) 2次元での評価
・MV(僧帽弁) Mモードでの構造
・MV(僧帽弁) Mモードでの測定
◎AO/LA(大動脈/左心房)
・2次元でのAO/LAの検出
・2次元での構造
・Mモードでの構造
・Mモードでの測定
・Mモードでの評価

■肺動脈弁の検出

■カラーフロードップラー
◎カラーフローとは?
◎カラーフロー画像の最適化
・2次元画像のナローイング
・カラーフローボックスの位置の調整
・カラーフローボックスの大きさと形状の調整
・ドップラーゲインの調整
・PRFまたはスケールの調整

■スペクトルドップラー
◎スペクトルドップラーとは?
◎パルスドップラー法
・パルスドップラー法とは?
・ドップラー画像の最適化
◎連続波ドップラー法
・連続波ドップラー法とは?
・ドップラー画像の最適化
・弁のサーフィン

■圧力勾配
◎圧力勾配とは?
◎狭窄
◎機能不全

■腫瘍の確認



VM45-3 右側長軸画像と左心尖部画像での検査 (69分)

ここでは、右側長軸画像や左心尖部画像での検査について解説。位置関係や2次元の構造を理解し、測定方法を学びます。また、心臓疾患の超音波所見を解説します。

■右側長軸
◎右側長軸の検出
◎位置関係
◎2次元での構造
◎RA/LA(右心房/左心房)の測定
◎Mモードでの評価
・LVの測定
・EPSS
・AO/LA

■2次元での測定

■左心尖部画像
◎左心尖部画像の検出
◎位置関係
◎2次元での構造
◎弁流量の測定
・僧帽弁前方流
・僧帽弁閉鎖不全
・大動脈前方流
・大動脈狭窄
・大動脈弁下部狭窄
・大動脈弁閉鎖不全
・三尖弁前方流
・三尖弁閉鎖不全
◎シンプソンの公式
・シンプソンの公式とは?
・測定
・評価
・心室中隔の奇異性運動

■アニメーションの心臓

■クイックリファレンス・ガイドライン
◎概要
◎僧帽弁閉鎖不全
・軽微な不全
・軽度または早期の不全
・中等度の不全
・重度の不全
・進行性の重度な不全
◎弁狭窄
◎弁下部狭窄
◎ネコの心臓疾患
・ネコの治療のガイドライン
・ネコの動的LVOT(左心室流出路)閉塞
・ネコのHCM(肥大型心筋症)
・ネコのRCM(拘束型心筋症)
・ネコのDCM(拡張型心筋症)

■まとめ



本編ピックアップ動画



2014.06

俊ちゃんさん(2件) 購入者

鹿児島県/60代/男性 投稿日:2014年07月10日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

いつも欲しいと思っていました。楽しく学びました。心臓疾患を診る時はエコーであたりをつけてCT,MRIで精査する手順が早くなりますので勉強になります。