ホーム > 歯科 > 歯科医師 > 様々なテクニックによる軟組織グラフト > 第99回アメリカ歯周病学会年次総会 様々なテクニックによる軟組織グラフト(全1枚)

様々なテクニックによる軟組織グラフト様々なテクニックによる軟組織グラフト

第99回アメリカ歯周病学会年次総会
様々なテクニックによる軟組織グラフト
(全1枚)

商品番号 DE120-S

定価10,000円のところ
販売価格9,000円(消費税込:9,720円)

[最大450ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



☆軟組織移植術における様々なテクニックをエキスパートから学ぶ!
☆テクニックの手順と注意点、そして適応症を理解する!



■講演者:Laureen Langer ローリーン・ランガー
■講演者:Kirk L. Pasquinelli カーク・L・パスクナリ
■講演者:Homayoun H. Zadeh ハマヨーン・H・ゼーデー
■講演者:Kevin G. Murphy ケビン・G・マーフィー
■監訳:多保 学(さいたま市開業、ロマリンダ大学アシスタントプロフェッサー、
■監訳:多保 学(日本歯周病学会専門医)
※日本語吹替版(音声多言語:日本語/英語)



2013年10月にフィラデルフィアで開催された第99回アメリカ歯周病学会年次総会での講演の中から特に注目を集めた内容について紹介しています。この講演のテーマは、「様々なテクニックによる軟組織グラフト」です。
軟組織移植術には様々なテクニックが用いられています。今回は、この分野における4人のエキスパートが、それぞれのテクニックの注意点を説明しながら、軟組織増大術の技術的なアプローチを解説します。

これらのトピックには、遊離歯肉移植術、上皮下結合組織移植、トンネルテクニック、粘膜歯肉の生体細胞構築、歯槽堤欠損、VISTAテクニックを含みます。軟組織移植術における様々なテクニックについて、どのような場面でどのようにして行えばよいかをこのDVDで学び、臨床に活かしていただければと思います。



<プログラムトラック>
歯周形成外科/口腔再建手術

<教育目的>
・遊離歯肉移植及び、上皮下結合組織移植を使用するタイミングを理解する
・トンネルフラップを実施するためのより良い準備法
・細胞構築を用いるための、理想的臨床適応症を認識する

<講演内容>
■ローリーン・ランガー
 「遊離歯肉移植や上皮下結合組織移植などの自家ドナー」

  ◎遊離歯肉移植術の適応症
  ◎結合組織移植術の適応症

■カーク・L・パスクナリ
 「軟組織増大術における最適なテクニック:トンネルフラップ」

  ◎歯肉退縮とトンネルフラップ
  ◎トンネルフラップの手順
  ◎トンネル法とエンベロープの組み合わせ

■ハマヨーン・H・ゼーデー
 「軟組織欠損マネージメントに対するプロトコールとそのバリエーション」

  ◎軟組織欠損のマネージメントにおいて重要な結果の予測因子
  ◎VISTA(vestibular incision)テクニックの特徴
  ◎軟組織増大のための自家組織移植、他家移植材、他種移植材、及び成長因子

■ケビン・G・マーフィー
 「軟組織の治癒力をより良くするマテリアル:LCC(Living Cellular Constructs)」

  ◎LCCの構成要素と作用のメカニズム
  ◎LCCの使用方法
  ◎LCCの適応症





(85分)
2014.8