ホーム > 歯科 > AAP > ペリオドンティストが知っておくべきインプラント補綴 > 第99回アメリカ歯周病学会年次総会ペリオドンティストが知っておくべきインプラント補綴(全3枚セット)

第99回アメリカ歯周病学会年次総会ペリオドンティストが知っておくべきインプラント補綴(全3枚セット)

第99回アメリカ歯周病学会年次総会
ペリオドンティストが知っておくべきインプラント補綴
(全3枚セット)

セット商品

商品番号 DE125-S

販売価格30,000円(消費税込:32,400円)

[最大1,500ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



☆インプラント修復での臨床的キーポイント!
☆歯科業界での最新のコンピューターテクノロジー!



■講演者:Marcus Abboud マーカス・アブードゥ
■講演者:Nicholas Caplanis ニック・カプラーニス
■講演者:Stephen Chu スティーブン・チュー
■監訳:大山 高太郎(東京都開業、ロマリンダ大学歯学部インプラント科アシスタントプロフェッサー)
※日本語吹替版(音声多言語:日本語/英語)



機能的で、審美的に満足されるインプラント最終補綴物を作り上げるには、治療計画、適切なインプラント埋入、そして、軟組織を支えるプロビジョナルや最終アバットメントとクラウンの形態が大切です。
軟組織のマネージメントや審美的な組織の豊隆形態を作る事ができるエキスパートになるためには、ペリオドンティストも最高のプロビジョナルクラウンや印象方法、そして今新しい分野である、デジタル化にも精通する必要があります。ペリオドンティストもデンタルインプラントの治療チームの一員として重要なポジションにいるのであれば、プロビジョナルクラウンを作製する時に一緒に仕事をしなければならないでしょう。
このプログラムでは近未来またはその先の診療を向上させるために、より詳細なプロビジョナルクラウンの作製過程等について紹介しています。

【プログラムトラック】
インターデシプリナリー・セラピー
【教育目的】
●歯周治療におけるカスタムメイドのファイナルアバットメントとプロビジョナルレストレーションの利点を理解する。
●完全なデジタル化による問題解決の可能性を考察する。






DE125-1 「デジタル化による問題の解決」 マーカス・アブードゥ (47分)
DE125-2 「修復物の土台の構築」 ニック・カプラーニス (44分)
DE125-3 「インプラント修復での臨床的キーポイント」 スティーブン・チュー (46分)

2014.09