ホーム > 獣医 > cpd solutions スペシャリストシリーズ Vol18 獣医師と動物看護師のための外科的スキル > cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.18 「 獣医師と動物看護師のための外科的スキル 」(全1枚)

cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.18 「 獣医師と動物看護師のための外科的スキル 」(全1枚)cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.18 「 獣医師と動物看護師のための外科的スキル 」(全1枚)cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.18 「 獣医師と動物看護師のための外科的スキル 」(全1枚)

cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.18
「 獣医師と動物看護師のための外科的スキル 」
(全1枚)

商品番号 VM47-S

販売価格10,000円(消費税込:10,800円)

[最大500ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



☆わかりやすいと大好評、本場イギリスの獣医師卒後教育用DVDシリーズ第18弾!
☆ヨーロッパの動物看護師教育のDVD!獣医師にも役立つ、縫合法や止血の仕方など手術の基礎テクニックを解説!
☆正しい知識を身に付けて取り組む、獣医師と動物看護師とのチーム医療について!



■解説:Louise O'Dwyer:ルイーズ・オードウヤー(MBA BSc(Hons)VTS(ECC)DipAVN(Med & Surg)RVN)
■解説:Romain Pizzi:ロメイン・ピッジ(BVSc MSc DZooMed FRES MACVSx(Surg)MRCVS)
■監訳:松田 浩珍(東京農工大学大学院農学研究院教授/元米国エール大学医学部招聘客員教授)

※日本語吹替版(英語のみの音声はありません)
©2011 CPD Solutions Limited



「cpd solutions スペシャリスト・シリーズ」第18弾は、獣医師と動物看護師のための外科的スキルです。
近年、獣医療の多様化、高度化が進み、とりわけ小動物臨床において、より高度な獣医療の提供が求められています。その中で、動物看護師は、獣医師のパートナーとして様々な面で重要な役割を担っています。罹患動物の治療を成功させるためには、獣医師だけでなく、動物看護師も手術のテクニックを理解し、適切なサポートをすることが治療を成功させるカギとなります。

このDVDでは、マンチェスターにあるペットメディクスのルイーズ・オードウヤー氏が、創傷閉鎖テクニック、縫合糸の選択、緊張を和らげるテクニック、外科的な止血、そして外科的廃液の詳細な方法について解説します。 さらに、王立獣医師会の野生動物医学において公認専門医のロメイン・ピッジ氏が、どの縫合糸がエキゾチックペットに適しているか、そして、用いるべき適切な器具とテクニックについて詳細に解説します。



  ■ 基本縫合 ◎イントロダクション
◎創傷閉鎖の主なテクニックとは何ですか?
◎創傷の閉鎖方法を選択する前に、どんな要因を考慮する必要があるのですか?
◎創傷を閉鎖する際、外科的なテクニックに関して、どんな点を考慮する必要がありますか?
◎理想的な縫合糸は、どのような特性があるべきですか?
◎縫合糸には、どのようなカテゴリーがあるのですか?
◎縫合糸の配置の原則とは何ですか?
◎正しい太さの縫合糸は、どのように選択するのですか?
◎創傷の皮膚層の閉鎖に理想的な縫合糸とは何ですか?
◎創傷の縫合時に、よく起こる失敗は何ですか?
◎そのような問題を防ぐには、どんな縫合パターンが実用的ですか?
◎創傷の閉鎖時に、緊張を和らげる、または減らすために、使用するテクニックとは何ですか?
◎どの縫合法が、最もよく使われているのですか?
◎縫合糸は、どのように抜糸するのですか?


  ■ 高度な外科的スキル ◎イントロダクション
◎1966年の英国 獣医外科医師法の第3章は、動物看護師にとってどんな関係があるのですか?
◎正しい手術テクニックの基本とは何ですか?
◎止血とは何ですか?
◎なぜ、外科的な止血が重要なのですか?
◎どのような外科的止血を用いれば良いですか?
◎結紮は、どのように使われるのですか?
◎止血鉗子はいつ、どのように使用するのですか?
◎焼灼とは何ですか?また、いつ使うのですか?
◎どの焼灼法が、最も一般的に使われているのですか?
◎二極凝固法には、何が関連していますか?
◎どんな局所薬がありますか?
◎止血を制御するには、他にどのようなテクニックがありますか?
◎サージカルドレーンが必要なのはどんな時ですか?
◎臨床上、どの種類のドレーンが最も一般的に使われていますか?
◎閉鎖型吸引ドレーンの留置で、遭遇する可能性のある問題はありますか?
◎ドレーンは、どうやって留置するのですか?
◎ドレーンの除去は、どうやって行うべきですか?
◎ドレーンの留置により起こる合併症は何ですか?
◎外科的なドレーンを要約してもらえますか?


  ■ エキゾチックアニマルにおける、縫合の選択 ◎イントロダクション
◎なぜ、縫合が必要なのですか?
◎縫合は、創傷に悪影響がありますか?
◎縫合した創傷の強度を決めるのは何でしょうか?
◎エキゾチックアニマルへの結び目は、外科結紮に見られるようなダブルファーストスローにすべきですか?
◎ウサギの白線修復のために、最も適しているのは結節縫合と連続縫合のどちらですか?
◎理想的な縫合糸の特徴とは何ですか?
◎マルチフィラメント縫合糸のメリットとデメリットは何ですか?
◎編み込み縫合糸がエキゾチックアニマルに役立つのはどんな時ですか?
◎鳥類への使用に、最も適している縫合糸は何ですか?
◎爬虫類に最も適している縫合糸は何ですか?
◎両生類及び魚類には、どの縫合糸を使うのですか?
◎無脊椎動物へは、縫合糸は使用できますか?
◎ウサギやモルモットの膀胱縫合の選択は、なぜ難しいのですか?
◎エキゾチックアニマルに、最もふさわしくない縫合糸は何ですか?
◎カットガットは、ウサギには適していますか?
◎エキゾチックアニマルの手術には、どの把針器が最適ですか?
◎鳥類にはどの縫合針が適していますか?
◎爬虫類に最も適している縫合針はどれですか?
◎ウサギや齧歯動物に、最適な縫合針は何ですか?
◎エキゾチックアニマルには、硬い、あるいは柔軟性のある縫合針、どちらが好ましいのですか?







(93分)
2014.10