ホーム > 獣医 > cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.19臨床で役立つ外科手技 Vol.1 > cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.19「 臨床で役立つ外科手技 Vol.1 」(全2枚・分売不可)

cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.19「 臨床で役立つ外科手技 Vol.1 」(全1枚)cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.19「 臨床で役立つ外科手技 Vol.1 」(全1枚)cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.19「 臨床で役立つ外科手技 Vol.1 」(全1枚)

cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.19
「 臨床で役立つ外科手技 Vol.1 」
(全2枚・分売不可)

セット商品

商品番号 VM48-S

販売価格18,000円(消費税込:19,440円)

[最大900ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



★わかりやすいと大好評、本場イギリスの獣医師卒後教育用DVDシリーズ第19弾!
★実際の手術映像を使用したサージカルテクニック集!
★臨床でよく見られる疾病の症状・原因、その治療法、術後の合併症までを解説!



■解説:Aidan McAlinden:エイダン・マッカリンデン(MVB CertSAS DipECVS MRCVS)
■解説:Paul Aldridge:ポール・アルドリッジ(BVSc CertSAS MRCVS)
■解説:Eric Monnet:エリック・モネ(DVM PhD DACVS DipECVS)
■監訳:松田 浩珍(東京農工大学大学院農学研究院教授/元米国エール大学医学部招聘客員教授)
※日本語吹替版(英語のみの音声はありません)
©2011 CPD Solutions Limited



このDVDは、獣医臨床でよく見られる疾病や一般的に行われる処置について、各分野のエキスパートが、テクニックのポイント、注意点を分かりやすく解説したサージカルテクニック集vol.1です。

比較的容易な処置であっても、それが不適切に行われた場合、重大な問題を引き起こすことがあります。疾病に関する正しい知識、適切な治療法の選択、正確な外科手技、起こり得る合併症の理解が重要です。
一問一答形式で、獣医師が知っておくべき内容を分かりやすく解説。また、各術式の手術映像を交えて、外科手技の実際を解説していきます。外科手技のスキルアップを目指す獣医師の方に是非ご覧いただきたい内容です。



 VM48-1 網状皮膚移植と創傷再建テクニック (52分) ■解説:Aidan McAlinden:エイダン・マッカリンデン(MVB CertSAS DipECVS MRCVS)
■解説:Paul Aldridge:ポール・アルドリッジ(BVSc CertSAS MRCVS)

このプログラムでは、まず、エイダン・マッカリンデンが、獣医療で用いられている、最も多用途の皮膚移植「全層網状皮膚移植」を解説します。移植片の「受容」についての重要な生理学的観点の詳細だけでなく、移植の失敗の主な原因と、結果を最適にし、合併症を回避するために必要なプロセスを解説します。
次に、マンチェスターのペットメディックスのポール・アルドリッジが、緊張の緩和のために考案された創傷再建テクニック、そして主軸血管型皮弁、皮弁形成術について解説します。
正確な評価と最適な再建テクニックの選択は、迅速な治癒、及び正常な外観への復帰、そして継続中の難治性創傷に違いを生み出します。

■網状皮膚移植
◎イントロダクション
◎皮膚移植とは何ですか?
◎皮膚移植は、どのように分類されますか?
◎実際に皮膚移植を使用するのはいつ、どの部位ですか?
◎移植片の「受容」とは、どういう意味ですか?
◎移植片の「受容」のプロセスで、キーとなるステップは何ですか?
◎移植片の「受容」と、皮膚再生のプロセスのサポートに使えるのは、どんな種類の創傷ですか?
◎移植失敗のファクターとは何ですか?
◎適切な移植片採取部位は、どうやって選択するのですか?
◎網状全層皮膚移植には、どんな器具が必要ですか?
◎移植片を採取し、適応部位に移植する皮膚移植は、どのように行うのですか?
◎創傷には、バンデージが必要ですか?また、成功結果を得るためには、どんなアフターケアが不可欠ですか?
◎受容の成功を示唆する、移植片の代表的な外観は何ですか?
◎合併症の可能性や移植片の受容の失敗を、警告する兆候はありますか?
◎皮膚移植の成功率に関して、飼い主に何とアドバイスすれば良いですか?

■創傷再建テクニック
◎イントロダクション
◎なぜ、このテクニックが必要なのですか?
◎イヌやネコの皮膚は、我々の皮膚と、どう違うのですか?創傷再建する場合、我々のほうが有利なのですか?
◎直接創傷を閉鎖する際、どのように緊張を回避するのですか?
◎これらのテクニックで不十分な場合は、他に何ができますか?
◎広範囲な皮膚欠損部についてはどうですか?
◎主軸血管型皮弁とは何ですか?
◎臨床では、なぜ主軸血管型皮弁が、極めて実用的なのですか?
◎合併症は何ですか?
◎臨床での主軸血管型皮弁の使用について、説明してもらえますか?
◎皮膚移植手術に関してはどうですか?
◎他の種類の皮膚移植は何ですか?
◎臨床で一般的な皮膚移植について、説明してもらえますか?
◎ドレッシングと皮膚移植手術のアフターケアは重要ですか?

* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... *

 VM48-2 喉頭麻痺とネコにおける炎症ポリープ (43分) ■解説:Eric Monnet:エリック・モネ(DVM PhD DACVS DipECVS)
■解説:Aidan McAlinden:エイダン・マッカリンデン(MVB CertSAS DipECVS MRCVS)

このプログラムでは、コロラド州立大学のエリック・モネが、症状、診断、そして適応可能な治療選択について解説します。喉頭麻痺には先天性と後天性があり、特定の犬種によく見られます。小動物病院で働く獣医師にとって、喉頭麻痺の臨床症状とその影響、及び適応可能な長期間の治療選肢を知っておくことは重要です。
次に、デービス獣医専門医であるエイダン・マッカリンデンが、炎症性ポリープの臨床兆候、診断、治療選択について説明します。炎症性ポリープは、動物病院でよく遭遇する疾病です。その診断・治療は比較的容易ですが、考慮すべき重要な影響因子を理解した上で治療法を選択し、正しい処置を行わなければなりません。また、慎重な手術手技と詳細な構造知識は、合併症の可能性を減少する助けとなります。

■喉頭麻痺
◎イントロダクション
◎喉頭麻痺とは何ですか?
◎病因は何ですか?
◎イヌの喉頭麻痺は、どのように診断するのですか?
◎罹患動物の精密検診には、なぜ、胸部エックス線が必要なのですか?
◎内科療法と外科療法のどちらを奨めるべきですか?
◎救急時の内科療法とは何ですか?
◎喉頭麻痺の治療には、どんな種類の手術があるのですか?
◎片側性披裂軟骨側方偏位術は、どのように行うのですか?
◎合併症は何ですか?
◎術後の誤嚥性肺炎のリスクを最小限にするには、どうしたら良いですか?
◎永続的な気管切開術の実行が、推奨されるのはどんな時ですか?
◎喉頭声帯切除術及び、部分披裂軟骨切除術の実行が推奨されるのは、どんな時ですか?

■ネコにおける炎症ポリープ
◎イントロダクション
◎炎症性ポリープとは何ですか?
◎病因は何ですか?
◎代表的な発病特性は何ですか?
◎罹患動物が呈す、典型的な臨床症状とは何ですか?
◎どのように診断しますか?
◎エックス線撮影は、診断上どの段階に対応できますか?また、高度画像診断の役割はありますか?
◎炎症性ポリープは、どうやって治療するのですか?
◎牽引による成功率を上げるためのコツはありますか?
◎ポリープの腫瘤を病理組織学検査することは、推奨されていますか?
◎腹側鼓室骨切り術を正しく行うにはどうするのですか?
また、潜在的な合併症を、どうやって回避するのですか?
◎どのような術後のケアが必要ですか?
◎飼い主には、どのような予後を伝えますか?






2014.12