ホーム > 獣医 > cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.20臨床で役立つ外科手技 Vol.2 > cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.20「 臨床で役立つ外科手技 Vol.2 」(全2枚・分売不可)

cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.20「 臨床で役立つ外科手技 Vol.2 」(全1枚)cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.20「 臨床で役立つ外科手技 Vol.2 」(全1枚)cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.20「 臨床で役立つ外科手技 Vol.2 」(全1枚)

cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.20
「 臨床で役立つ外科手技 Vol.2 」
(全2枚・分売不可)

セット商品

商品番号 VM49-S

販売価格18,000円(消費税込:19,440円)

[最大900ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



★わかりやすいと大好評、本場イギリスの獣医師卒後教育用DVDシリーズ第20弾!
★実際の手術映像を使用したサージカルテクニック集!
★臨床でよく見られる疾病の症状・原因、その治療法、術後の合併症までを解説!



■解説:Aidan McAlinden:エイダン・マッカリンデン(MVB CertSAS DipECVS MRCVS)
■解説:Jonathan Bray:ジョナサン・ブレイ(MVSc Cert SAS MACVSc MRCVS DECVS)
■監訳:松田 浩珍(東京農工大学大学院農学研究院教授/元米国エール大学医学部招聘客員教授)
※日本語吹替版(英語のみの音声はありません)
©2011 CPD Solutions Limited



このDVDは、獣医臨床でよく見られる疾病や一般的に行われる処置について、各分野のエキスパートが、テクニックのポイント、注意点を分かりやすく解説したサージカルテクニック集vol.2です。

比較的容易な処置であっても、それが不適切に行われた場合、重大な問題を引き起こすことがあります。疾病に関する正しい知識、適切な治療法の選択、正確な外科手技、起こり得る合併症の理解が重要です。
一問一答形式で、獣医師が知っておくべき内容を分かりやすく解説。
また、各術式の手術映像を交えて、外科手技の実際を解説していきます。外科手技のスキルアップを目指す獣医師の方に是非ご覧いただきたい内容です。



 VM49-1 イヌの膿胸と試験開腹 (54分) ■解説:Aidan McAlinden:エイダン・マッカリンデン(MVB CertSAS DipECVS MRCVS)
■解説:Jonathan Bray:ジョナサン・ブレイ(MVSc Cert SAS MACVSc MRCVS DECVS)

このプログラムでは、まず、イヌの膿胸についてエイダン・マッカリンデンが解説します。
イヌの膿胸は、臨床で遭遇する一般的な問題で、その初期診断評価は比較的容易ですが、1つの治療法が、全ての罹患動物に適合するとは限りません。個体によって、治療法の調整が必要です。
ここでは、迅速な診断に必要な検査、初期処置、そして決定的治療法などについて解説します。
次に、ジョナサン・ブレイが、試験開腹に関わる主なポイント及び、その外科的なテクニックの詳細を説明します。腹腔内容物への外科的なアクセスを獲得することは、臨床で行われる最も一般的な処置の1つです。適切に実施すれば、試験開腹は臨床で非常に実用的な診断処置です。

■イヌの膿胸
◎イントロダクション
◎膿胸とは何ですか?
◎イヌの膿胸の原因は何ですか?
◎この疾病の病因は何ですか?
◎この疾病の罹患動物の代表的な特色は何ですか?
◎飼い主から、代表的な病歴は報告されていますか?
◎通常の臨床症状及び、身体検査の所見は何ですか?
◎膿胸はどのように診断するのですか?
◎胸部エックス線写真の役割はあるのですか?
◎膿胸に罹患している動物の胸膜液から予測される、生化学的特徴及び細胞学的特徴は何ですか?
◎培養や感受性検査に役割はありますか?
◎罹患動物に対する、最適な治療法は何ですか?
◎胸腔の洗浄は、推奨されていますか?
◎この症例で、外科手術の役割はありますか?
◎この疾病に罹患した動物の予後はどうですか?

■試験開腹
◎イントロダクション
◎試験開腹とは何ですか?
◎いつ実施すべきですか?
◎身体検査の際、どんな特徴が重要ですか?
◎手術前にどんな診断検査を考慮すべきですか?
◎罹患動物に術前処置をすべきですか?
◎この手術での、一般的な失敗は何ですか?
◎どの腹腔臓器が重要なのですか?
◎特に美容的に考慮しなければならない事項はありますか?
◎どんな器具が必要ですか?
◎手術方法を解説してもらえますか?
◎腹腔を安全に閉鎖するには、どうしたらいいですか?
◎どんな合併症が発現しますか?

* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... *

 VM49-2 会陰ヘルニアの整復 (33分) ■解説:Jonathan Bray:ジョナサン・ブレイ(MVSc Cert SAS MACVSc MRCVS DECVS)

会陰部異常に対する外科的処置は、比較的容易で、術後の合併症も滅多に起こりません。
しかし、準備が不適切だった場合や、十分な知識・経験のない獣医師が手術を行った場合、重篤な問題が起こることがあります。このプログラムでは、マッセイ大学のジョナサン・ブレイが、会陰ヘルニアの症状や原因、診断方法、その整復法、そして術後の合併症の可能性について解説します。

■会陰ヘルニアの整復
◎イントロダクション
◎会陰ヘルニアとは何ですか?
◎ヘルニアを起こす原因は何ですか?
◎ヘルニアの症状は何ですか?
◎ヘルニアはどのように診断するのですか?
◎手術を検討するのはどんな時ですか?
◎術中はどの臓器に注意を払うべきですか?
◎会陰ヘルニアの整復に、選択可能な手術は何ですか?
◎罹患動物には、どのような姿勢を取らせますか?また、手術の準備はどのようなものですか?
◎両側を同時に手術したほうが、良いのですか?それとも、段階的に行うべきですか?
◎手術法を解説してもらえますか?
◎巨大なヘルニアにはどんな選択肢がありますか?
◎術後に鎮痛処置は必要ですか?
◎術後はどんな合併症が起こりますか?
◎予後はどうですか?
◎去勢は推奨されていますか?



本編ピックアップ動画



2014.12