ホーム > 歯科 > AAP > 歯周形成外科及びインプラント手術におけるマイクロサージェリー原理の応用 > 第100回アメリカ歯周病学会年次総会歯周形成外科及びインプラント手術におけるマイクロサージェリー原理の応用【全2巻・分売不可】

歯周形成外科及びインプラント手術におけるマイクロサージェリー原理の応用歯周形成外科及びインプラント手術におけるマイクロサージェリー原理の応用歯周形成外科及びインプラント手術におけるマイクロサージェリー原理の応用

第100回アメリカ歯周病学会年次総会
歯周形成外科及びインプラント手術におけるマイクロサージェリー原理の応用
【全2巻・分売不可】

商品番号 DE130-S

販売価格18,000円(消費税込:19,440円)

[最大900ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



★マイクロサージェリーのイノベーション! エビデンスに基づいたマイクロサージェリーの適応!
★創傷治癒結果をコントロールし、治療の「質」を向上させる!



■座長:Bryan S. Pearsonブライアン・S・ピアーソン
■講演者:Otto Zuhr オット・ズーア
■監訳:仲谷 寛(日本歯科大学附属病院 教授)
■監訳:大澤 銀子(日本歯科大学附属病院 講師)

※日本語吹替版(音声多言語:日本語/英語))



2014年9月にサンフランシスコで開催された第100回アメリカ歯周病学会年次総会での講演の中から特に注目を集めた内容について紹介しています。この講演のテーマは「歯周形成外科及びインプラント手術におけるマイクロサージェリー原理の応用」です。

近年、マイクロサージェリーの概念は驚くべき進歩を遂げています。これまでよりも小さな器具、細い縫合材料が登場し、非常に精度が高く非侵襲的な手術が可能になりました。このことは、臨床的にどのような価値があるのでしょうか。

このプログラムでは、マイクロサージェリーの適応が治療結果に与える影響について、スライドや実際の手術映像を交えながら臨床的なフィードバックも含めて紹介します。歯周形成外科手術の従来の概念にどのようなアドバンテージをもたらすか、どのようにして審美領域に自然な外観や組織の調和を獲得し、瘢痕を回避するかなど、治療結果の成功に欠かせない、これらの重要なパラメーターに関して、マイクロサージェリーのイノベーションとエビデンスの概要を解説しています。

【プログラムトラック】
歯周形成外科手術 / 口腔再建手術
【教育目的】
 ◎マイクロサージェリーの利点を理解する
 ◎マイクロサージェリーが治療結果に与える影響を学ぶ




 DE130-1 マイクロサージェリーが治療結果に与える影響 (48分)
■イントロダクション
■マイクロサージェリーの臨床的妥当性
■歯周形成外科手術への適応
■「量」の問題と「質」の問題
■創傷治癒の結果に影響を与える因子
■血液供給と創傷の安定
■歯肉退縮の治療テクニック


 DE130-2 マイクロサージェリー原理の応用 (60分)
■結合組織移植のテクニック
■新テクノロジーの臨床的価値
■トンネルテクニックの利点
■トンネルテクニックの実際
■歯肉退縮の治療原理の応用
■インプラント周囲の軟組織退縮
■まとめ
■質疑応答







2015.5