ホーム > スポーツ > バスケットボール > バスケットボール(国内) > 福大大濠 24秒の守り方 > 福大大濠 24秒の守り方〜 マンツーマンをベースにマッチアップゾーンで守り切る! 〜【全4巻】

福大大濠 24秒の守り方福大大濠 24秒の守り方福大大濠 24秒の守り方

福大大濠 24秒の守り方
〜 マンツーマンをベースにマッチアップゾーンで守り切る! 〜
【全4巻】

セット商品

商品番号 888-S

販売価格32,000円(消費税込:34,560円)

[最大1,600ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.5) 4.50



 ディフェンスに強弱をつけて相手を惑わす!
 オフェンスがいつの間にかショットクロックの罠にかかる
 スクリーンプレーを無効にする!マッチアップゾーン
 ファウルトラブルを回避しながら激しく守る




■指導・解説:片峯 聡太(福岡大学附属大濠高等学校男子バスケットボール部 監督)
■実技協力:福岡大学附属大濠高等学校男子バスケットボール部



1試合40分をマンツーマンディフェンスで守り切る事は理想であり、指導者としてチームとして最も目指すべき場所かもしれません。 しかしながら、マンツーマンディフェンスを続けていくと陥るピンチの一つにファウルトラブルがあります。

そこで有効になるのが“マッチアップゾーンディフェンス”です。

このディフェンスの優れている点は、通常のゾーンディフェンスよりもマンツーマンディフェンスに近い形でマークマンを受け渡す(チェンジング)ことにより、外からのシュートをケアしつつ、深追いから無理な体勢でのディフェンスを行なわないことでファウルを減らします。

さらに相手にとっては、常にマークマンが存在することで攻め手を失い、ショットクロックとの両面からプレッシャーを受けることになります。

今回はまず片峯監督が絶対的に重視するマンツーマンディフェンスから紹介。段階 を追ってつくりあげていきます。ワンプレーごとに良かった点、修正点を振り返ることで理解しやすいよう丁寧に進めていただきました。

一連のディフェンスプレー(最長24秒)内でマンツーマンとゾーンとマッチアップゾーンをうまく使い分け、試合を支配するチームディフェンスを作り上げてみてはいかがでしょうか。




マッチアップゾーンの“狙い”と“方法”を詳しく解説





各セットページでは実際の指導の一部を公開。是非ご覧ください

888-A マンツーマンディフェンス 
888-B マッチアップゾーンディフェンス 

2015.8

416さん(34件) 購入者

非公開 投稿日:2015年10月13日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

簡潔にわかりやすく、マンツーマンからマッチアップゾーンへの移行について説明してくれています。ポイントや良くないケース等の説明もわかりやすかったです。

マントマンさん(3件) 購入者

埼玉県/20代/男性 投稿日:2015年09月10日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

マッチアップゾーンの原理を知るために購入しました。内容はマッチアップゾーンの基本的な考え方から、基礎作り、実際に形になってのものと段階的に構成されていて、非常に勉強になりました。また、エリアゾーンやマンツーマンに関しても新たな発見があり、早速練習に役立てています。