ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > 脳卒中リハビリテーション 『 課題指向型トレーニング 』 > 脳卒中リハビリテーション 『 課題指向型トレーニング 』〜 基本動作を獲得し、日常生活で活かすための運動治療プログラム 〜【全2巻・分売不可】

脳卒中リハビリテーション 『 課題指向型トレーニング 』〜 基本動作を獲得し、日常生活で活かすための運動治療プログラム 〜【全2巻・分売不可】脳卒中リハビリテーション 『 課題指向型トレーニング 』〜 基本動作を獲得し、日常生活で活かすための運動治療プログラム 〜【全2巻・分売不可】脳卒中リハビリテーション 『 課題指向型トレーニング 』〜 基本動作を獲得し、日常生活で活かすための運動治療プログラム 〜【全2巻・分売不可】

脳卒中リハビリテーション 『 課題指向型トレーニング 』
〜 基本動作を獲得し、日常生活で活かすための運動治療プログラム 〜
【全2巻・分売不可】

セット商品

商品番号 ME173-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00



 ○新しい概念に基づく脳卒中リハビリテーションの治療モデル!  ○患者の実生活に直結!動作を多様な環境に適応させる運動課題!  ○患者一人ひとりに合った機能的運動課題の選択方法!

■実技・解説:潮見 泰藏
■実技・解説:学校法人 淳心学園 北海道千歳リハビリテーション学院 教授
■実技・解説:理学療法士 / 保健学博士

【 課題指向型トレーニングとは 】
患者の状況や環境を考慮し、行動目標を明確にした上で、多様な条件下で課題を設定し、さらには難易度を調整しながら反復練習することで、運動パフォーマンスを改善させる方法。

脳卒中患者が自立した日常生活を送るためには、要素的なトレーニングだけではなく、全体の課題を見据えた運動を促すことが重要です。
また、機能的運動課題は、患者の状況や環境によってそれぞれ異なります。課題の特異性を把握し、適切な環境条件を設定するためには、課題指向型トレーニングの概念を理解しなくてはなりません。

このDVDでは、課題指向型トレーニングの理論と実践を収録。機能的運動課題の設定方法、基本動作における運動戦略、動作獲得に向けたトレーニング方法、様々な状況設定などについて解説します。ここでは、概念を理解しやすくするために、実践的で具体的な内容も示していますが、トレーニングの方法はこれに限りません。
このDVDで、課題指向型トレーニングの概念を学び、個々に最適なトレーニングを考案していただければ幸いです。

 ME173-1
『 課題指向型トレーニングの理論と起き上がり動作獲得に向けたトレーニング 』
(56分)

■課題指向型トレーニングの概要
 ◎課題指向型トレーニングとは
 ◎最適な課題難易度の設定
 ◎課題指向型トレーニングの方法論

■運動課題の設定方法

■起き上がり動作の獲得
 ◎起き上がり動作の運動課題
 ◎起き上がり動作の失敗例と成功例
 ◎起き上がり動作の段階的トレーニング
 ◎寝返り動作の獲得
 ◎起き上がりの条件を変える
 ◎起き上がり動作の誘導

■明示的学習と暗示的学習
 ◎概要
 ◎例:目標物を拾い上げる
 ◎ダイナミカルシステムズ理論
 ◎片麻痺患者における側方へのリーチ動作での体幹の使い方


 ME173-2
『 立ち上がり動作と歩行の獲得に向けたトレーニング 』
(61分)

■麻痺側下肢の支持性向上
 ◎ステップ練習
 ◎足踏み練習
 ◎コップを用いたステップ
 ◎目標物に手を伸ばすリーチ課題
 ◎ボールを足で止める課題

■立ち上がり動作の獲得
 ◎動作獲得のポイント
 ◎起立動作と着座動作
 ◎高い座面の利用
 ◎様々な条件での立ち上がり

■歩行の獲得に向けたトレーニング
 ◎対応方法
 ◎振り出しを強化するためのトレーニング
 ◎杖歩行速度を促進する方法
 ◎歩行トレーニングで用いる課題の例

■課題特異的トレーニングの効果

■機能的運動課題達成のポイント





2015.8

アリさん(1件) 購入者

男性 投稿日:2015年11月16日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

自分のペースで何度も聴講することができて、かなり勉強になりました。

この商品を買った人はこんな商品も買っています