ホーム > 教育 > 音楽 > 吹奏楽 > Let's Get Funky!!〜武生商業高校・植田薫先生の日本一ファンキーな吹奏楽指導〜 > Let's Get Funky!!〜武生商業高校・植田薫先生の日本一ファンキーな吹奏楽指導〜【全2巻】

Let's Get Funky!

Let's Get Funky!!
〜武生商業高校・植田薫先生の日本一ファンキーな吹奏楽指導〜
【全2巻】

セット商品

商品番号 M61-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

◎推薦コメントをいただきました!「これはすごい!植田先生が醸し出すファンキーな、グルーヴ感は最高にノリノリです。今回のDVDは待ちに待ったもの。きっと全国のスクールバンドに
素晴らしいチャンスを与えてくれるでしょう」藤重佳久(活水中・高校吹奏楽部 音楽監督)「植田先生とは前任校の武生東高校からのお付き合いなので、もう25年くらいになるのですが、いつも感じるのは生徒との絶対的な信頼関係です。コンクールなどで結果が良くないときにでも、決して生徒のせいにしない姿勢が一貫していて好感が持てます。
また彼はとても運動神経が良いので、クラシックにしてもポップスにしても音楽的要求をしたり、指揮の振り方などを演奏直前に注意しても、本当に飲み込みが早くて、すぐに自分のものにしてしまいます。生徒たちはそんな先生を信頼して努力を惜しまず付いてゆきます。そして、こんな難しい曲吹けるのかな、などと思っても、しっかりと食らい付いて仕上げてゆくタフさがあります。このように相互の信頼関係が確立しているからこそ、武生商業高校吹奏楽部のファンキーな音楽も生まれるのだなと思っています」小長谷宗一(作曲家・編曲家)「武生商業高校吹奏楽部とファンキー植田先生が作り出す《ラブ》で《ピース》な《グルーヴ》は、コンサートでは老若男女を巻き込んで総立ちにさせ、はたまた全日本吹奏楽コンクールさえもライブ会場に変えてしまう!?そんな武商サウンド、オザワ部長も大ファンです。吹奏楽の楽しさと可能性を広げる指導法は必見ですよ〜!」オザワ部長(吹奏楽作家)

日本一ファンキーなバンドに学ぶ!音楽を表現する楽しさ&吹奏楽に生きるポップスの曲づくり

「日本一ファンキーなバンド」として注目を集めている
福井県立武生商業高校吹奏楽部。

多様なジャンルの音楽から影響を受け、バンドマンとしての顔も持つ顧問の植田先生は、
「もっと吹奏楽を楽しく!カッコ良く!」をモットーに、クラシックの垣根を越え、
吹奏楽にジャズやファンクを融合した自由度の高いサウンドづくりを実践しています。

このDVDでは、そんなグルーヴ感あふれるサウンドづくり」を徹底レクチャー!
思わず身体が動き、演奏したくなるような、エネルギッシュな武商サウンドの真髄を、
厳選された基礎合奏とクラシックやポップスの曲づくりの中で紐解いていきます。

植田先生ならではのユニークなアプローチで、吹奏楽の楽しさ、
音楽の持つ「人を笑顔にする力」「生きる喜びを与える力」を存分に感じてください!





ポップスの演奏はグルーヴのノリ方で変わる!

☆現役のバンドマンとして活躍する植田先生が、楽曲に魂<ソウル>を吹き込むテクニックを伝授!☆こんな先生見たことない!叱らないで楽しく育てる独自の指導論を公開!ファンキーな音楽はどのように生まれるのか、なぜこんなにも生徒たちが生き生きと楽しそうなのか…。その答えがここに!!「音楽は楽しくなければ意味がない!大事なのはストレスより負荷を与えること」「バンドは社会の縮図。皆が自分の役割を全うし、一つになればバンドの人格が生まれる」「感情を表現するのが音楽。湧き出てくる想いを自然に表現できる環境を作ろう」「リミットや限界を作らないこと」「音楽を通してお客さんがハッピーになってくれたら、周りにも少しずつハッピーが拡散し、それが世界平和につながる。音楽はそんな素晴らしい力を持っている!」

■授業・解説:植田 薫(福井県立武生商業高等学校 吹奏楽部顧問)

【プロフィール】
福井県鯖江市出身。小中学校時代よりトランペットやバンド演奏に熱中し、藤島高校で全日本吹奏楽コンクールに出場。成城大学時代は軽音楽部や辻仁成、桑名正博等のバンドで活動。国語教諭として武生東高校開校時に赴任し、黒人音楽をベースとした編曲・演出で吹奏楽界に新しいジャンルを築く。武生商業高校に異動、東日本大会1位を経て5年目に全国大会へ。全国大会には通算11回出場。ヴォーカリストとしてバンド活動も行っている。全日本吹奏楽連盟理事、元福井県吹奏楽連盟理事長。

■実技協力:福井県立武生商業高等学校 吹奏楽部


吹奏楽がもっと好きになる!もっと楽しくなる!

◎What's Takesho Band?「音楽の力で世界をハッピーにする」ことを目指す、歌って踊れるファンキーなバンド。ポップスの演奏に力を入れる一方、2015年には3年連続で北陸代表として全日本吹奏楽コンクールに出場を果たし、福井県勢16年ぶりの銀賞に輝く。また、県内外で活躍した団体に贈られるFBCかがやき基金大賞を受賞。様々な式典やイベントで吹奏楽の魅力を伝え続け、世界中にハッピーを拡散している。

☆全国大会密着動画もチェック!「We are No.1!!〜オンリーワンの武商サウンドを目指して〜」2015年の全日本吹奏楽コンクールにジャパンライムのカメラが潜入!相次ぐアクシデントにも負けず、強豪校がひしめき合う中、大舞台に臨んだ武生商業高校吹奏楽部の生徒たちと、植田先生の軌跡に迫ります。

 [特典資料]第2巻(M62-2)をご購入いただいた方に…本編で使用した『Luv, Peace Under The Groove』のオリジナル楽譜(PDF形式)をプレゼント!

楽譜は、弊社通販サイト内の「特典ダウンロードセンター」より資料をダウンロードできます。
※商品記載のパスワードを入力後、手順に沿ってダウンロードしてください。




各巻の詳細はこちら

<M61-1> 【Let's Try!】 基礎練習&クラシック曲へのアプローチ (117分)
<M61-2> 【Let's Groove!】 魂を吹き込む☆ポップス曲へのアプローチ(98分)

2016.1