ホーム > スポーツ > バスケットボール > バスケットボール(国内) > 「日本一」のファンダメンタル > 「日本一」のファンダメンタル〜 柿生フィリーズ ・ 未経験から叩き上げるバスケットスキル 〜【全4巻】

「日本一」のファンダメンタル〜 柿生フィリーズ・未経験から叩き上げるバスケットスキル 〜【全4巻】

「日本一」のファンダメンタル
〜 柿生フィリーズ ・ 未経験から叩き上げるバスケットスキル 〜
【全4巻】

セット商品

商品番号 919-S

販売価格32,000円(消費税込:34,560円)

[最大1,600ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00


日本一のミニバスチーム、強さと選手育成の秘訣がここに
柿生フィリーズの代名詞といえば、小学生とは思えないほど徹底された「ファンダメンタル」。
ボールの持ち方からシュート、ディフェンススキルまで、細部にこだわった指導が展開されます。


スタンス、ミート、リバウンド、パス… 基本に忠実な動きを徹底的に身につける
この技術を身につけた選手たちは、いまの年代で結果を出すことよりも、その後のバスケット人生で大いにメリットを享受しています。
フィリーズOGの高校生が、6校で全国大会に出場(2015年IH)しているという驚愕の事実がそれを物語っています。


小中学生はもちろん、高校生にも通用する「土台づくり」の原点を公開
初めてバスケットをする選手たちにどう指導すればいいか、クセのある選手をどう修正すればいいか、チームのルーティーンをどう作ればいいかなど、年代や性別を選ばず使える練習ばかりです。
ミニバスならではの指導切り口を、ぜひ参考にしてみてください!




★各巻の詳細はコチラをクリック★
【第1巻】ファンダメンタル編(64分)
【第2巻】シュート&リバウンド編(45分)
【第3巻】ミート&パス&ディフェンス編(63分)
【第4巻】マンツーマンの攻防編(56分)



↓↓↓DVDについて佐能監督に伺いました!↓↓↓

私が常に心がけているのは、とにかく細かいところにこだわって、決して「ざっくり」にならないようにしていることです。それだけに段階を踏んでいく必要があり、姿勢やボールの持ち方、手首の使い方といった誰でもできるようなところを特にしつこく指導しています。

また、相手は小学生のため、難しい言葉を使っても伝わりません。

体の感覚も成熟していませんから、一度聞いたらすぐにできるなんていうのは稀なことです。
ですから常に「どうすれば伝わるか」ということを考えながら指導をしています。DVDのなかでも、そのあたりに注目していただければと思います。

指導を始めた頃はそんなにファンダメンタルを重視してはいませんでした。それでもある程度勝てるようにはなっていて、神奈川県ベスト4くらいまではいけたように思います。ところが、そこから上にどうしてもいけない。才能のあるいい選手が集まった代もありましたが、気がつけば万年3位のチームになっていました。

その敗因をたどると「パスミス」「キャッチミス」「トラベリング」…どう考えてもファンダメンタルに行きつくわけです。
それで7〜8年くらい前でしょうか、とにかくそこに重点を置くようになってから県で優勝したり、関東大会で勝てたりできるようになりました。

基本的には、ここに収録されているものが柿生フィリーズの練習そのままです。
特に1巻目と2巻目の内容は、試合前だろうが合宿中だろうが毎日必ず行います。時間にすると1時間半くらい。
成長期の選手たちですから、1ヶ月も経てば数センチ身長が伸びて、体重も増えます。毎回基礎を植え付けておかないと、やっぱり感覚が狂ってくるんです。それでここだけは、毎回「きちんと」やらせるようにしています。

3巻目以降の内容ももちろん重要です。
このあたりはそのときに必要なものを選択して処方する感覚です。
試合前に相手を想定して行う、反対に試合後に出た課題を確認するといった具合です。

全くの初心者に関しては、はじめは何も言わず、指導もしません。
しばらく練習をやらせてみて、そのなかで様子を見るようにしています。

そもそも、柿生フィリーズでは「上級生が下級生を指導する」という仕組みを取っています。
他のチームだと上級生と下級生を分けて練習させているケースも多いようですが、ウチの場合はできるだけ同じ環境でプレーをさせます。ですから私はなるべく手を出さないようになっているんです。

ただ、上級生がきちんと教えられているか、伝え方はまずくないかなどは厳しく見ています。
この方が相乗効果も得られますし、コーチも毎回同じことを言わずに済みますから(笑)。



★各巻の詳細はコチラをクリック★
【第1巻】ファンダメンタル編(64分)
【第2巻】シュート&リバウンド編(45分)
【第3巻】ミート&パス&ディフェンス編(63分)
【第4巻】マンツーマンの攻防編(56分)



2016.01

タツさん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2016年03月10日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

中学のバスケ部を指導しています。地域にミニバスもなく、自分もバスケットボールの素人でしたので、細かい指導ができず、生徒にも伝わりにくいことが多いことを悩んでいました。
佐能監督の指導はふんだんなたとえが盛り込まれており、大変参考になっております。