ホーム > スポーツ > バスケットボール > バスケットボール(国内) > 基礎からはじめる「オンボールスクリーン」から「あわせ」まで > 基礎からはじめる「オンボールスクリーン」から「あわせ」まで〜“ミスマッチ”をつくるための黒島流オフェンス指導〜【全2巻】

基礎からはじめる「オンボールスクリーン」から「あわせ」まで〜“ミスマッチ”をつくるための黒島流オフェンス指導〜【全2巻】

基礎からはじめる「オンボールスクリーン」から「あわせ」まで
〜“ミスマッチ”をつくるための黒島流オフェンス指導〜
【全2巻】

セット商品

商品番号 953-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

■指導・解説:黒島 啓之(白山市立美川中学校男子バスケットボール部監督)
■実技協力:白山市立美川中学校男子バスケットボール部


黒島監督DVD第2弾!『マンツーマンディフェンス』に続いては、同氏が最も得意とする『オフェンス指導』がテーマです。
今作では年代・カテゴリーを問わず流行する戦術「オンボールスクリーン」を軸に、多彩なピックプレーやそこから派生する「あわせ」に渡るまでを紹介します。


第1巻:「オンボールスクリーン」の基礎づくり

 ピック&ロールやストレッチザトラップなどの、9種類のオンボールスクリーンプレーについて紹介しています。それらについて、どういった場合に効果が出るか、「Defの対応」「相手のセンター、ガードプレーヤーとのサイズ差」などの観点から特徴やポイントを解説。これを理解することで、自チームに合わせた、また相手チームの状況に合わせた戦術を選択することができるようになります。







第2巻:「オンボールスクリーンからのあわせ」と「ミート&ステップ」

 第2巻は主に「オンボールスクリーン」から先のオフェンスについて紹介。オンボールスクリーンが止められた先に「あわせ」という選択肢を持つことで、攻撃の幅がぐんと広がります。また、Defと1on1の状況からシュートに持っていくための「ステップ選択」は、重要なスキルのひとつです。Defの対応によって選択を変化させることで、必ずシュート、もしくはファウルへ持っていくことができるようになります。
中学生にとって大きな壁のひとつが、「予定していた攻撃が止められた際のアイデア」であり、これを豊富にすることで得点の可能性はより高くなるはずです。ぜひ身に付けて得点力の底上げにつなげてください!






2016.12