ホーム > スポーツ > バレーボール > Step by Step 「 コンビバレー 」 > Step by Step 「 コンビバレー 」〜空間・時間のズレを生み出すコンビのつくり方〜【全2巻】

Step by Step 「 コンビバレー 」〜空間・時間のズレを生み出すコンビのつくり方〜【全2巻】

Step by Step 「 コンビバレー 」
〜空間・時間のズレを生み出すコンビのつくり方〜
【全2巻】

セット商品

商品番号 972-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.0) 4.00

【 塚本 正仁 (つかもと まさひと) 】プロフィール
1965年青森県出身。選手として弘前工業で全国制覇を達成。進学した早稲田大学でも主将を務めるなど活躍した。卒業後、北海道での教員生活を経て、筑波大学大学院に進学。同時期に男子バレー部のコーチにも就任した。修了後には日本女子体育大学の講師、バレー部の監督を務め、2001年に春季リーグ戦・東日本インカレ・秋季リーグ戦の3冠を達成した。2005年より弘前学院聖愛高校へ赴任。17年現在、IH、春高とも12年連続で出場を継続している。








≪イチから順序立ててコンビネーションのつくり方を紹介≫

Step 1 【トスの種類とテンポ】
サードテンポ(ハイセット)セカンドテンポ(セミ)ファーストテンポ(クイック)それぞれのトスと、スパイクのタイミングの合わせ方を紹介。

Step 2 【アタックの位置】
細かい設定はせず、中高生がわかりやすいように、アンテナ付近のレフトとライト/セッターの前と後ろの4か所に限定したアタックポイントを紹介。

Step 3 【基本コンビ】
アタックポイント4か所のスパイク練習。アタッカーの人数を徐々に増やしていきます。セッターがトスのテンポや位置を使い分ける練習も兼ねています。

Step 4 【応用コンビ】
ブロックをかわすため隣のスペースに助走する「移動攻撃」、さらに大きく移動する「ワイド攻撃」、「ブロード攻撃」を紹介。

Step 5 【発展コンビ】
Aクイック、Bクイック、Cクイックに時間差を絡めたコンビネーションを、それぞれ2パターン練習。最後に「ダブルクイック」、「一人時間差攻撃」を紹介。

Step 6 【実戦練習/セッター前衛時のコンビ】
ディフェンスをつけて実践。ブロックのずらし方や、分散させ方、セッターとディフェンスの駆け引きなど、試合を意識したポイントを多数指導。

Step 7 【実戦練習/セッター後衛時のコンビ】
セッター前衛時のコンビで紹介した内容に加え、ライトが積極的にレシーブに参加する必要があることなど、ディフェンスに関するポイントも紹介。




バレーボールの理想はシンプルな「パワーバレー」かもしれませんが、それに対応できるチーム・選手は限られています。 身長や能力、また厚い選手層も必要となり、中高生のチームでこれができるのは一握りだといえます。

そこで提案するのが「コンビバレー」です。セッターを中心としたコンビネーションで相手を翻弄し、個人力の差をチーム力で埋めることができる。 チームの事情に合わせた戦略が取れるのも大きな特徴です。

今回はこのコンビバレーのつくり方を、イチから段階的に紹介していきます。 指導・解説は弘前学院聖愛高校の塚本監督。今作はトップ校の練習メニューを紹介しているという形ではなく、初めてバレーの指導をする人でもわかるよう、用語から基礎の動きまでを丁寧に解説しています。

「ウチのチームにはコンビは無理」という指導者にこそ見てもらいたい、そんな作品に仕上がっています。




各巻の詳細はコチラ


【第1巻】コンビバレーの基礎知識&動きの型づくり(63分)
【第2巻】実戦でのコンビバレーコーチング(50分)


2017.2

ゆうさんさん(4件) 購入者

非公開 投稿日:2017年03月10日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

細かい所までの解説、練習がなされていて、たいへん参考になるDVDでした。