ホーム > 医療 > 発達障害支援・小児全般 > アセスメントの結果を支援に活かす〜 WISC - Ⅳ を中心に 〜 > アセスメントの結果を支援に活かす〜 WISC - Ⅳ を中心に 〜【全1巻】

アセスメントの結果を支援に活かす〜 WISC - Ⅳ を中心に 〜【全1巻】

アセスメントの結果を支援に活かす
〜 WISC - Ⅳ を中心に 〜
【全1巻】

商品番号 F8-S

販売価格6,000円(消費税込:6,480円)

[最大300ポイント進呈 ]

[ 送料個別 540円 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



 ☆ 指導・支援につなげるための解釈のポイント!

 ☆ 事例検討で理解を深める!検査結果と背景情報をあわせた実態把握から具体的支援へ!

 ☆ 一人ひとりの特性について共通理解を図るために!

■講演者:伊丹昌一(梅花女子大学心理こども学部心理学科教授)


新しい学習指導要領の中にも、一人ひとりの児童生徒の障がいの状態や発達の段階に応じた指導や支援を一層充実させていくことが必要であることが述べられています。そのためには、診断名だけにとらわれることなく、一人ひとりの実態に合わせた支援が重要です。

このDVDでは、発達障害のある子どもの困難の状態や発達の段階を的確にとらえるための検査によるアセスメントの概要を説明するとともに、WISC - Ⅳに焦点を当てて、検査によるアセスメントの結果をどのように解釈して支援につなげていくのかを解説します。

このDVDで学んだことを、子どもの実態把握のための1つの引き出しとしてご活用いただければ幸いです。

※本DVDは、2017年10月に行われたセミナーを収録したものです。



F8カタログ画像

 F8-S アセスメントの結果を支援に活かす(87分)
アセスメントを活かすために
 ◎「気づき」が「支援」のはじまり
 ◎アセスメントで注意すべきこと
 ◎アセスメントから個別の指導計画へ
 ◎教育的アセスメントの目的
 ◎アセスメントを指導・支援に活かすためのプロセス
情報収集法としての傾聴
検査法のいろいろ
WISC - Ⅳ
 ◎概要
 ◎構成
 ◎各下位検査について
 ◎解釈のポイント
結果の伝え方
事例検討
おわりに



本編ピックアップ動画



2017.11
(87分)