ホーム > スポーツ > サッカー > サッカー(国内) > 身体の負担を軽減する背中と骨盤を意識した動き作り > 身体の負担を軽減する背中と骨盤を意識した動き作り 〜怪我の予防とパフォーマンス向上を両立する練習法〜【全1巻】

身体の負担を軽減する背中と骨盤を意識した動き作り 〜怪我の予防とパフォーマンス向上を両立する練習法〜【全1巻】

身体の負担を軽減する背中と骨盤を意識した動き作り
〜怪我の予防とパフォーマンス向上を両立する練習法〜
【全1巻】

商品番号 1047-S

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

【販売期間:11月27日10時0分〜】

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
※本商品はDVDプレーヤー再生専用となっております。それ以外の再生機器でご使用された場合の不具合・故障については保証致しかねますので、ご了承ください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

■指導・解説 :松井 真弥(エルクエルポ トレーナー)
■実技協力 :八千代ファミリアスポーツクラブ



スペイン1部リーグで10年間トレーナーを務めた松井真弥氏直伝!


「地面を強く蹴って走れ」「姿勢を低くしてディフェンスをしろ」、サッカーの指導現場では良く聞くフレーズですが、そうした指導が選手の身体への負担を大きくし、パフォーマンスを低下させる要因になっているかもしれません。 スペインの強豪チームで10年、ベガルタ仙台で3年トレーナーを務め、世界で活躍する選手を指導してきた松井氏は、「正しい姿勢を身に付け骨盤と背中をうまく使うことが、怪我を予防しパフォーマンスの向上にも繋がる」言います。



▲スペイン1部リーグで10年間トレーナーを務めた松井氏が丁寧に解説


ジュニア期、育成年代の指導者必見の指導理論


そこで本作では、ジュニア年代から取り組むべき、正しい姿勢の作り方と骨盤・背中を意識した練習方法を紹介して頂きました。 「骨盤を前傾させる」「背中を使って蹴る」「地面を蹴らない」、今までの常識にはない新たな視点が満載。育成年代のあらゆる指導者にご覧いただきたい内容です。



▲姿勢を正すことでボールキープ力も向上






収録内容


■イントロダクション

■姿勢の重要性
・姿勢の重要性
・姿勢の感覚を掴む
・ジャンプ動作
・股関節を伸ばす

■重心の重要性
・重心の重要性
・重心を意識したサイドの動き

■姿勢と重心を意識したウォーミングアップ
・背骨伸ばし
・背部筋エクササイズ
・股関節パタパタ
・股関節つかみ
・連動ステップ

■ストップ動作

■パス/ドリブル
・良い姿勢でパスを出す
・姿勢と重心を意識したドリブル

■ボールキープ
・姿勢と重心を意識したボールキープ

■守備
・良い姿勢で守備をする



(53分)
2018.11