ホーム > 歯科 > 歯科医師 > インプラント合併症 − 生物力学と審美に関する考慮事項 > アメリカ歯周病学会スプリング ・ カンファレンス インプラント合併症−生物力学と審美に関する考慮事項 〜 補綴専門医の見解 〜 ( 全1枚 )

インプラント合併症−生物力学と審美に関する考慮事項インプラント合併症−生物力学と審美に関する考慮事項インプラント合併症−生物力学と審美に関する考慮事項

アメリカ歯周病学会スプリング ・ カンファレンス
インプラント合併症−生物力学と審美に関する考慮事項
〜 補綴専門医の見解 〜 ( 全1枚 )

商品番号 DE111-S

販売価格10,000円(消費税込:10,800円)

[最大500ポイント進呈 ]

[ 送料個別 540円 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



★生物力学的及び補綴学的な問題の予防!
★合併症を回避するための最新テクノロジー!



■講演者:Marcus F. Abboud(マーカス・F・アブード)
ドイツのボン大学を卒業し、補綴分野の博士号。2007年から開業。
ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の歯科医学科補綴学部の主任教授。
多数の論文を発表し、ジャーナルの編集委員も務める。
■監訳:多保 学
(さいたま市開業、ロマリンダ大学アシスタントプロフェッサー、日本歯周病学会専門医)

※日本語吹替版(音声多言語:日本語/英語)



2013年4月にシカゴで開催されたアメリカ歯周病学会スプリングカンファレンスでの講演の中で注目を集めたものを紹介しています。

この講演のテーマは「インプラント合併症−生物力学と審美に関する考慮事項」です。 インプラントの合併症は、咬合過重負荷、検知されないセメント、スクリューの緩み、マテリアルの疲労、審美不良など様々です。

現在、臨床現場でよく遭遇する生物力学的及び補綴学的な問題について、それらの予防を特に強調して講演を行っています。修復学的な問題を理解することは、インプラント合併症を予防するために重要です。
また、物事の真相を見抜く力によって、臨床的なジレンマをマネージメントするための「解決策」を考え出すことができます。

<教育目的>
○デンタルインプラントの生体力学的負荷の原理と、負荷や失敗を最小限にする方法を学ぶ
○インプラント失敗のリスクを最小限に抑えるために、生体力学的な理論を用いた治療計画を構築する
○ 長期間の機能的かつ審美的な結果のために、インプラントの補綴的なコンセプトを理解する


<収録内容>
■チームワークアプローチの重要性
■不適切なインプラントの埋入による二次的合併症
■インプラントの長軸にかかるストレス
■現在のテクノロジーの恩恵とその限界
■ガイドサージェリーの利点
■カスタムアバットメントとスタンダードアバットメントの比較
■インプラントにかかる力のマネージメント
■インプラントアバットメントの生体力学的な安定性
■インプラントの血液供給
■マテリアルの性質
■セメント接着による問題
■合併症を回避するための新しいテクノロジー



本編ピックアップ動画




(68分)
2014.2