ホーム > 教育 > 音楽 > 音楽授業 > 「 生きる力 」 を育む鑑賞授業 > 「 生きる力 」 を育む鑑賞授業 〜 音楽の基礎能力と人間力を伸ばす授業づくり 〜 【全2巻】

「生きる力」を育む鑑賞授業

「 生きる力 」 を育む鑑賞授業
〜 音楽の基礎能力と人間力を伸ばす授業づくり 〜
【全2巻】

セット特価セット商品

商品番号 M45-S

定価16,000円のところ
販売価格14,000円(消費税込:15,120円)

[最大700ポイント進呈 ]

[ 送料個別 540円 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

教育音楽で『教えてゆきの先生!生徒の心ときめく鑑賞授業』を好評連載中!!渡辺行野先生が鑑賞授業のコツをレクチャー!◎音楽を聴かせて、感想を書くだけになっている ◎場面展開のある授業ができず、生徒の集中力が続かない ◎学習指導要領における鑑賞授業のポイントを復習したい ◎楽しみながらできるアナリーゼのコツが知りたい

■指導・解説:渡辺 行野
 (文京学院大学 助教授、前東京学芸大学附属竹早中学校 音楽教諭)
♪指導者プロフィール♪

小中高の校種にて教鞭をとり、各発達段階における豊富な指導実績を持つ。数々の授業実践の中で、幅広い音楽領域(歌唱・鑑賞・創作・器楽・伝統音楽など)の研究を進めている。歌唱・鑑賞教育を重視し、人間教育と関連させた音楽科教育や、小中連携研究のカリキュラム作成など様々な研究で業績を残している。
また、前作のDVD「“おんがく”を愛する子どもを育てる!音楽授業における活動アイディア集」では、楽しみながら無理なく力をつけていく指導方法が支持され、好評を博した。雑誌『教育音楽』にも寄稿。

■実技協力:東京学芸大学附属竹早中学校


中学生の発達段階に合わせた『鑑賞授業の組み立て方』を徹底解説!!《鑑賞授業のポイント》1. 楽譜を楽曲分析(アナリーゼ)する力を養う 2. 知覚と感受をしっかりと捉えていける授業づくり 3. ディスカッションを通してコミュニケーション能力の育成を図り、“自分と音楽”に向き合うこと

このDVDでは、鑑賞授業の概要をしっかりと学んだ後、
各学年の成長段階に合わせた授業の組み立て方と、
音楽的な基礎能力+人間力を培う鑑賞授業の“プロセス”

実際の授業風景を通してご紹介しています。

鑑賞授業では、徐々に段階を踏んでいきながら、楽譜からアナリーゼ(楽曲分析)する力を身に付きます。

そのためには、知覚(聴き取ること)と感受(感じ取ること)をしっかりと捉えていける授業構成が重要となります。
また、“他者との交流”を通してコミュニケーション能力の育成を図り、
“自分と音楽”に向き合うことも大切な目的となります。

この授業構成を使えば、どの楽曲にも対応できますので、
日々の授業づくりにお役立てください!

今こそ音楽を“聴くだけ”、感想文を“書くだけ”の
鑑賞授業から大きく前進してみませんか?





特典資料:授業で使える配布資料(PDF形式・各見開き1P)


第1巻 「エリーゼのために」分析プリント
第2巻 「運命」分析プリント


特典は弊社通販サイト内の「特典ダウンロードセンター」よりダウンロードできます。
※商品記載のパスワードを入力後、手順に沿ってダウンロードしてください。




各巻の詳細はこちら

M45-1 鑑賞授業の概要とアナリーゼの基礎(82分)
M45-2 「音」を媒体としたコミュニケーションから人間力を伸ばす(81分)


2015.3