ホーム > 教育 > 英語 > 最新作&人気シリーズ > 「 CAN - DOリスト 」を使った授業づくり > 「 CAN - DOリスト 」 を使った授業づくり〜 目標達成のための言語活動の取り入れ方 〜【全3巻】

「CAN-DOリスト」を使った授業づくり〜 目標達成のための言語活動の取り入れ方 〜

「 CAN - DOリスト 」 を使った授業づくり
〜 目標達成のための言語活動の取り入れ方 〜
【全3巻】

セット特価

商品番号 E116-S

定価24,000円のところ
販売価格20,000円(消費税込:21,600円)

[最大1,000ポイント進呈 ]

[ 送料個別 540円 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

中・長期的な目標を単元・授業へどのように落とし込むかが見えてくる!

■解説・監修/阿野 幸一
 (文教大学国際学部国際理解学科教授、同大学院国際学研究科教授)

専門は英語教育(主に中学校・高等学校での指導方法)、応用言語学。2008年度よりNHKラジオ講座「基礎英語3」の講師を5年間、2013年度より同「基礎英語2」の講師を担当。 主な著書に、文部科学省検定高校教科書『All Aboard ! Communication English T・U・V』(共著・東京書籍)、『日々の英語授業にひと工夫』(共著、大修館書店)、『みんなの楽しい英文法〜「スタンプ例文」でわかる英語の基本』(NHK出版)など多数。

■授業者/小泉 香織(渋谷教育学園幕張中学校・高等学校)

■使用教材/NEW HORIZON English Course2(平成28年度版)


「CAN-DOリスト」を作ったまでは良いが、
使い方がわからない、全く活かされていない・・・。


そのような悩みや声にお応えするDVDが完成しました!



CAN-DOリストにおける中学2年生での目標
『身近でなじみのある話題について、相手に質問したりしながら会話を続けることができる』

このDVDでは、この目標を達成するために3つに分解して、
毎日の授業でどのように教科書を活用したらいいのかを取り上げています。


また、学期ごとの活動例として、各単元、そして1時間の授業単位を
どのように作っていけばいいのかを具体的にご紹介していきます。




中学2年生 Spoken Interaction【話すこと–やりとり】を例に、
 1年間のCAN-DOリストの目標を達成するための、言語活動のつながりを提示!





【 セット購入特典 】

全3巻セットをご購入の方に、特典資料(PDF形式)をプレゼント!

 ★「CAN-DOリスト」の形での学習到達目標(1P)
 ★イントロダクションでのPPT(17P)
 ★授業で配られたハンドアウト(各1P)
  *自分の町を紹介しよう! *私が好きなこと・夢中になっていること

購入特典は弊社通販サイト内の「特典ダウンロードセンター」より資料をダウンロードできます。
※商品記載のパスワードを入力後、手順に沿ってダウンロードしてください。




各巻の詳細はこちら

E116-1 【一学期の授業】休暇や週末の予定について≪be going to≫(52分)
E116-2 【二学期の授業】住んでいる町について≪There is/Is there≫(55分)
E116-3 【学年末の授業】興味や関心のある事柄について≪総復習≫(51分)

2016.11

この商品を買った人はこんな商品も買っています