ホーム > スポーツ > バスケットボール > バスケットボール(国内) > 福岡第一 日本一の理由 > 福岡第一 日本一の理由〜残り14秒からのオフェンスと2−2−1ゾーンプレス〜【全2巻】

福岡第一 日本一の理由〜残り14秒からのオフェンスと2−2−1ゾーンプレス〜【全2巻】

福岡第一 日本一の理由
〜残り14秒からのオフェンスと2−2−1ゾーンプレス〜
【全2巻】

セット商品

商品番号 986-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

【販売期間:7月26日0時0分〜】

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

■指導・解説:井手口 孝(福岡第一高等学校男子バスケットボール部監督)
■実技協力:福岡第一高等学校男子バスケットボール部



2016年、2冠を達成した福岡第一高校。強さの謎を紐解いていくと、井手口監督のきめ細やかな指導、そして伝統の「速攻」のほかに、2つの事柄が浮かび上がりました。
それが「残り14秒からの攻撃」と「2-2-1ゾーンプレス」です。

「残り14秒からの攻撃」は、アーリーオフェンスを仕掛けたがうまくいかなかった際の残り時間、またはオフェンスリバウンドを取ってからの時間=残り14秒。その残り14秒を、福岡第一はどのように仕掛けていたのかに注目して、効率、確率の高い攻撃をつくっていきます。

2-2-1ゾーンプレスは昨年の福岡第一の「最終兵器」。ウインターカップ、死闘を演じた中部大第一や帝京長岡戦も「2-2-1」から一気に形成を逆転しています。選手たちも、これがあるからビハインドの状態でも崩れることなく、逆転を信じられたというほどの武器です。

2冠達成には、必ず理由があります。そしてその理屈は、フィットするように調整すれば、どのチームにも当てはめることができるものです。成功しているチームの理論を、ぜひチームの強化に役立ててください。

各巻紹介(クリックすると詳細へ)



<指導カテゴリ:中学以上の方へオススメ>



<指導カテゴリ:高校以上の方へオススメ>


2017.7