ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > 脳卒中片麻痺の歩行に対する運動学習 “意識するだけ”で運動が変わる脳へのリハビリ > 脳卒中片麻痺の歩行に対する運動学習 〜 “ 意識するだけ ” で運動が変わる脳へのリハビリ 〜 【全4巻・分売不可】

脳卒中片麻痺の歩行に対する運動学習 〜“意識するだけ”で運動が変わる脳へのリハビリ〜 【全4巻・分売不可】

脳卒中片麻痺の歩行に対する運動学習
〜 “ 意識するだけ ” で運動が変わる脳へのリハビリ 〜
【全4巻・分売不可】

セット商品

商品番号 ME242-S

販売価格28,000円(消費税込:30,240円)

[最大1,400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



 ☆ 最新の脳科学にもとづいた“意識するだけ”の新しいリハビリ! 

 ☆ 変化の実感!日常生活でできる基礎練習! 

 ☆ 実際のリハビリ場面を収録!意識してもらうための指導法! 

■実技・解説:生野達也
(一般社団法人動きのコツ協会 代表理事/理学療法士)

脳科学の研究によると、感覚を感じ取りやすくなる結果、体を動かすための脳からの指令が変化することで、麻痺側の手足が「力が入りやすい」、「力の抜き方がわかった」となる可能性があります。つまり、麻痺の改善のためには体の感覚を意識することが大切で、セラピストがそこに導く必要があるのです。

このDVDでは、まず運動学習に対する基礎的な知見と評価・介入のポイントを解説し、次に、脳卒中片麻痺患者における実際のリハビリ場面で、歩行のコツの教え方や日常生活でできる基礎練習を供覧します。

少し意識するだけで、大きな変化が見られる可能性があります。是非このDVDをご覧いただき、まずは始めてみてください!
 ME242-1 脳卒中片麻痺に対する運動学習のポイント (70分)
イントロダクション
動きにくさの理解:体性感覚
運動学習のメカニズム:注意・難易度設定
効果的な運動学習へ導くポイント:聴く力
 ME242-2 評価と介入のポイント (37分)
評価のポイント
 ◎一連の流れ
 ◎反張膝の例
 ◎内反の例
介入のポイント
 ◎難易度に応じた介入
 ◎立位の例
 ◎座位の例
 ◎導きだす指導内容
 ME242-3 運動学習の実践例【1】 (86分)
はじめに
評価と介入
自主リハビリメニューのまとめ
 ME242-4 運動学習の実践例【2】 (101分)
評価と介入
自主リハビリメニューのまとめ
おわりに


ME242カタログ画像


本編ピックアップ動画


2018.08