ホーム > 獣医 > cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.15 「腫瘍学」 > cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.15「腫瘍学」 〜臨床現場に於ける腫瘍学の実用的ヒント〜(全2枚・分売不可)

cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.15「腫瘍学」 〜臨床現場に於ける腫瘍学の実用的ヒント〜cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.15「腫瘍学」 〜臨床現場に於ける腫瘍学の実用的ヒント〜cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.15「腫瘍学」 〜臨床現場に於ける腫瘍学の実用的ヒント〜

cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.15
「腫瘍学」
〜臨床現場に於ける腫瘍学の実用的ヒント〜(全2枚・分売不可)

セット商品

商品番号 VM34-S

販売価格18,000円(消費税込:19,440円)

[最大900ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



☆わかりやすいと大好評、本場イギリスの獣医師卒後教育用DVDシリーズ第15弾!
☆動物病院及び、飼い主向けの安全な化学療法で罹患動物のQOLを高める!
☆腫瘍手術の結果を最適化するためのガイドライン!
☆腫瘤の正確な同定のために!事例を含めた詳細な解説!




■解説:David Vail:デビッド・ヴェイル(BSc DVM MS DACVIM)
■解説:Jolle Kirpensteijn:ヨレス・カーペンステジン(DVM DipACVS DipECVS)
■解説:Kostas Papasouliotis:コスタス・パパソウリオティス(DVM PhD DipRCPath DipECVCP MRCVS)
■監訳:松田 浩珍(東京農工大学大学院農学研究院教授/元米国エール大学医学部招聘客員教授)

※日本語吹替版(英語のみの音声はありません。)
©2011 CPD Solutions Limited



「cpd solutions スペシャリスト・シリーズ」第15弾は、腫瘍学です。
腫瘍はどの動物病院でもよく見られる疾患で、開業獣医師にとって重要な分野です。ペットが悪性腫瘍だと診断された時、飼い主はとても心配し、同時に効果的な治療を期待します。
このDVDでは、3人の専門家が腫瘍学の実際的な面すなわち、化学療法の原則、病院での安全な使用のガイドライン、細針吸引生検の解釈、悪性腫瘍治療に於ける手術の役割などについて分かりやすく説明。豊富な映像資料を用いた解説で、臨床現場に於ける実用的なヒントを提供します。
このDVDシリーズは、ヨーロッパの獣医師達の卒後教育、技術研鑚の教材として大変好評です。
是非、今後のスキルアップに、お役立ていただきたいと思います。

--------------------------------------------------

<VM34-1>  化学療法の導入と外科腫瘍学の原則(54分)
このプログラムでは、ウィスコンシン大学のデビッド・ヴェイルが化学療法の原則と、初診に於ける効果的な使い方を解説。そして、ユトレヒト大学のヨレス・カーペンステジンが、イヌ及びネコに於ける、外科腫瘍学に対する実践的なアプローチの概要と、飼い主に対する教育も含めて解説します。

David Vail:デビッド・ヴェイル (BSc DVM MS DACVIM)
■獣医臨床に於ける化学療法の導入

 ◎化学療法の目的
 ◎飼い主に対する教育
 ◎コンパニオンアニマルに於ける化学療法の役割
 ◎化学療法の評価
 ◎化学療法の副作用とその対処法
 ◎化学療法を施す際のアドバイス

Jolle Kirpensteijn:ヨレス・カーペンステジン(DVM DipACVS DipECVS)
■外科腫瘍学の原則

 ◎コンパニオンアニマルに於ける腫瘍
 ◎腫瘍手術の計画
 ◎バイオプシーの役割とその注意点
 ◎病理学者の役割
 ◎術後のケア
 ◎罹患動物に対する手術治療
 ◎外科腫瘍学に関する結論

--------------------------------------------------
<VM34-2>  細胞診の方法と悪性腫瘍の形態学的基準(39分)
このプログラムでは、ブリストール大学のコスタス・パパソウリオティスが、吸引の行い方、細胞の同定の仕方、そして遭遇する問題をどのように解決すべきかを、事例を含めて解説。さらに、細胞を同定する上で重要となる、悪性腫瘍の最も一般的な形態学的な基準を、臨床例を用いて解説します。

Kostas Papasouliotis:コスタス・パパソウリオティス(DVM PhD DipRCPath DipECVCP MRCVS)
■皮膚腫瘤の吸引と細胞診
 ◎細胞診の利点と欠点
 ◎皮膚腫瘤の吸引
 ◎細胞診の方法
 ◎実際の症例

■悪性腫瘍の形態学的基準
 ◎腫瘍形成とは
 ◎悪性腫瘍の細胞診的な基準
 ◎悪性腫瘍の主な細胞の基準
 ◎悪性腫瘍の主な核の基準
 ◎悪性腫瘍の主な核小体の基準
 ◎悪性腫瘍の主な細胞質の基準
 ◎悪性腫瘍過程の診断に於ける細胞診の信頼性









2013.08