ホーム > スポーツ > 野球 > 硬式野球 > 盗塁と走塁の極意 > 盗塁と走塁の極意 〜4mのリードを可能にする“プロの眼”を伝授〜(全1枚)

盗塁と走塁の極意  <br> 〜4mのリードを可能にする“プロの眼”を伝授〜(全1枚)盗塁と走塁の極意  <br> 〜4mのリードを可能にする“プロの眼”を伝授〜(全1枚)盗塁と走塁の極意  <br> 〜4mのリードを可能にする“プロの眼”を伝授〜(全1枚)

盗塁と走塁の極意
〜4mのリードを可能にする“プロの眼”を伝授〜(全1枚)

商品番号 MG11-S

販売価格3,000円(消費税込:3,300円)

[最大150ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00



○指導ビデオのジャパンライムから「選手向けDVD」が登場!!
○プロのハイレベルな技術を知る!他では知ることのできない、唯一無二のスキルDVD
○リードを取るための“準備”が、4mのリードを現実のものにする!

指導ビデオのジャパンライムが手がける、球児のためのDVDが登場です! もちろん指導者が見ても勉強になる、ハイレベルな1本です。



■指導・解説:水上 善雄 (元北海道日本ハムファイターズ二軍監督)
■実技協力:東京理科大学 SPIRITS
■企画・発売:ジャパンライム株式会社

【プロフィール】
水上 善雄(みずかみ よしお)
1957年神奈川県生まれ。現役時代はロッテ、広島、ダイエーと渡り歩き、強肩好守の内野手として活躍。2007年から日本ハム二軍内野守備コーチ、翌年から二軍監督を務めた。



指導ビデオのジャパンライムが手がける、球児のためのDVDが登場です!
もちろん指導者が見ても勉強になる、ハイレベルな1本です。

これまでプロ野球選手が監修したコンテンツの多くが少年野球向けのものでしたが、今回の2作は“球児向け”となります。中学生以上、社会人までを想定した作品であり、実際にプロで行われている技術を紹介しています。
指導・監修は、選手としてもコーチとしても第一線で活躍した水上善雄氏。テーマは『捕ってから投げるまでの早さ』と『走塁の技術』という、特にプロとアマチュアで差の出やすい部分を解説してもらいました。今回はその中の『捕ってから投げるまでの早さ』をご紹介しております。基本として身につけたい技術から細かなプレーまで、これら1本のなかにぎっしりと詰まっています。指導者としても知っておきたいスキルを、ぜひDVDでご覧ください!



バッテリーとの駆け引きとなる「盗塁」
試合の勝敗を左右する「二塁からの生還」
ノーヒットで得点を奪う妙技「ゴロゴー」
ハイレベルな守備技術をかいくぐり、ひとつ先の塁を陥れる走塁にはプロならでは考え方・技術があった。
特典映像「投手の癖を見抜く」も必見!!

◆一塁でのリードの取り方
◆正しい帰塁のやり方
◆正しいスタートの切り方
◆リードをする前にやるべき事
◆第二リードからのスタート
◆ツーアウトでのランニング
◆ゴロゴーでのスタート
◎特典映像『投手の癖の見抜き方』



(収録時間:55分 + 特典映像:18分)
2013.1

♪kam♪さん(6件) 購入者

非公開 投稿日:2019年01月04日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

細かすぎる解説はしていません。
■一塁でのリードの取り方〜■リードをする前にやるべき事 までが、一・二塁間での解説です。
■第二リードからのスタート〜ツーアウトでのランニング までが、ニ・三塁間での解説です。
■ゴロゴーでのスタートは、三・本塁間での解説です。
なので、一塁走者のリードから第二リード、二塁走者のリードから第二リード、三塁走者のリードから第二リードといった細々な解説はされていません。

野球の技術書では、あまり書かれない部分も解説されていました。
それが、頭から帰塁する方法です。
頭から帰塁する時にベースに触る時の右手の解説は当然されていますが、
このDVDでは、ベースを触らない左手についても解説されています。
右手は、突き指などケガを防ぐベースの触り方が紹介されています。
左手は、(左手首のケガや脱臼を防ぐための)地面につくときの衝撃を和らげる方法が紹介されています。

lion55さん(4件) 購入者

非公開 投稿日:2015年04月10日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

1点を取りに行くための走塁技術が学べます。
特に、中学野球・高校野球で勝敗を大きく分ける2塁への盗塁を成功させるための1塁ランナーの理論は必見です。