ホーム > スポーツ > サッカー > サッカー(国内) > 世界で戦える技術を磨く!〜状況判断力を高め、相手との駆け引きに勝つ! > 世界で戦える技術を磨く!〜状況判断力を高め、相手との駆け引きに勝つ!〜 全3巻セット

世界で戦える技術を磨く!<br>〜状況判断力を高め、相手との駆け引きに勝つ!〜 <br> 全3巻セット

世界で戦える技術を磨く!
〜状況判断力を高め、相手との駆け引きに勝つ!〜
全3巻セット

セット商品

商品番号 394-S

販売価格24,000円(消費税込:25,920円)

[最大1,200ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
※本商品はDVDプレーヤー再生専用となっております。それ以外の再生機器でご使用された場合の不具合・故障については保証致しかねますので、ご了承ください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

◆指導・解説:坂下 博之
(元日本代表、筑波大学卒業後フジタ、読売SCでディフェンダーとしてプレー、1991年現役引退後亜細亜大学監督に就任、東京都2部だったチームを現在関東1部に引き上げる。また小学生からユースまでのアジアFCを創設し行われている一貫指導が注目を集めている。)
◆実技:亜細亜大学サッカー部

例え練習で良いプレーができてもゲームにおいてそれが生かされなければ何も意味は無い・・・これは当たり前のことですが、どの年代を見ても実際にそれができていないケースが非常に多いのが現実です。
今回のシリーズでは、まさに実戦に生かせる基本技術を数多く紹介しました。例えば相手のパスカットをしたとき、すぐに奪い返されるケースが良く起こりますがこれはボールを奪うことを目的に技術練習を行ったための弊害によるものです。目的はボールを奪うことではなく奪ったボールを次の攻撃につなげるためのものでありダイレクトパスやドリブルまで状況を考えて練習をしておく必要があるのです。
このシリーズには、このような技術練習に対する考え方や状況判断の方法、エキスが一杯詰まっており、従来の技術練習を紹介したものとは一味も二味も変わったものとなっています。
坂下監督の技術指導は、「いかに世界と戦えるか、どうすれば世界で勝てるか」という明確な考え方がベースにあります。世界のトップレベルと比較した場合、日本人選手の多くは状況判断が伴っていないフリーの状態で使える技術しか身に付けていないのです。 技術練習の考え方、指導方法などを改めて見直す材料がこのシリーズには紹介されています。
ぜひ、日々のトレーニングにお役立てください!


第1巻 キック/ボレーキック/ヘディングの技術編 (37分)
第2巻 グラウンダー/浮き球のコントロール編 (44分)
第3巻 ドリブル・フットワーク/守備の技術編 (52分)

2003.12

※指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです。