ホーム > 獣医 > 松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座「イヌの胸椎椎間板ヘルニア」 > 松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座「イヌの胸椎椎間板ヘルニア」(全1枚)

松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座「イヌの胸椎椎間板ヘルニア」(全1枚)松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座「イヌの胸椎椎間板ヘルニア」(全1枚)

松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座
「イヌの胸椎椎間板ヘルニア」
(全1枚)

セット商品

商品番号 VM41-S

販売価格10,000円(消費税込:10,800円)

[最大500ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00



・大好評「松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座」第15弾!
・獣医師が知っておきたい!胸椎椎間板ヘルニアの外科テクニック!
・映像を見ながら学ぶ!執刀医自らの解説入りDVD!



■実演・解説:松田浩珍(東京農工大学大学院農学研究院教授/元米国エール大学医学部招聘客員教授)



大好評の「松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座」第15弾は、イヌの胸椎椎間板ヘルニアにおける椎弓切除術です。この手術では、中枢神経を傷つけないように慎重に進めること、また、椎弓を必要以上に切除しないことが重要となります。
今回は、HansenT型の好発犬種であるミニチュアダックスフントの症例です。この犬は、以前に腰椎の椎間板ヘルニアと診断され、造窓術および椎弓切除術によって治療が施されましたが、術後1年数か月で胸椎に再発が見られたため、再び手術が必要となりました。
このDVDでは、松田教授自らが執刀し、開腹から棘突起の露出、椎間板物質の除去、そして閉腹に至るまでの全てを解説。手術の進め方や、ポイントがよくわかる内容となっております。是非ご活用ください。



■今回の症例について

■胸椎椎弓切除術
◎切開ラインの決定
◎皮膚切開
◎皮下組織の分離
◎棘突起から筋肉を分離
◎棘突起の露出
◎棘突起の切除
◎皮質骨から海綿骨露出
◎海綿骨から内側皮質骨露出
◎椎弓部分の切除
◎椎弓部分のトリミング
◎棘突起のトリミング
◎筋肉・筋膜縫合
◎皮下組織の縫合
◎皮膚縫合

■まとめ

■術後の管理

本編ピックアップ動画

(64分)
2013.11

獣医の俊ちゃんさん(5件) 購入者

非公開 投稿日:2013年12月13日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

素晴らしい内容でした。できれば造窓術後の髄核物質除去方法まで解説くださるとより手順が
分かりやすいと思われました。