ホーム > スポーツ > ソフトボール > 岡山竜操中・ソフトボール指導の「基礎工事」 > 岡山竜操中 ・ ソフトボール指導の 「 基礎工事 」〜 技術よりも大切な、ビギナーからの動きづくり 〜(全2枚セット)

岡山竜操中 ・ ソフトボール指導の 「 基礎工事 」<br>〜 技術よりも大切な、ビギナーからの動きづくり 〜<br>(全2枚セット)岡山竜操中 ・ ソフトボール指導の 「 基礎工事 」<br>〜 技術よりも大切な、ビギナーからの動きづくり 〜<br>(全2枚セット)

岡山竜操中 ・ ソフトボール指導の 「 基礎工事 」
〜 技術よりも大切な、ビギナーからの動きづくり 〜
(全2枚セット)

セット商品

商品番号 821-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



○“走り方”が“投げ方・打ち方”を変える!動きが変われば技術は伸びる!
○「細かいことは教えない」。選手が自然と上手くなる指導の秘訣とは!?
○経験のない選手が2年後には大事な戦力に!
○キャッチボールも基本は立つこと、歩くことから!



■指導・解説:重田浩範 (岡山市立竜操中学校女子ソフトボール部監督)
■実技協力:岡山市立竜操中学校女子ソフトボール部



ソフトボール指導者にとって頭を悩ます問題のひとつに、「ビギナーの指導」があります。
特に中学校の部活には経験者ばかりでなく、完全な初心者も多く入部してきます。仮に経験があったとしても、技術的にも体力的にも、まだまだ未発達な選手が多いのが実情です。
しかし、こうした選手たちを教えることが意外と難しい。それだけに、これまでにも様々な方法が提案されています。ボールの握り方、バットの振り方、初心者の練習方法… いろいろな切り口のものがありますが、なかなか上達につながらないと感じられているのではないでしょうか。
そこでこのDVDでは、これまでの常識を覆すような“ビギナー向け”の指導・練習方法を紹介します。
ビギナーを教えるとき、ついやってしまうのが「投げ方・打ち方」を最初に教えてしまうこと。選手によってはできる場合もありますが、ほとんどの場合でうまくいかないものです。なぜならその選手たちは「動き方」を知らないからです。動き方の基本となる「立ち方」や「走り方」などができないのに、もっと難しい投打の動きができるはずがないのです。今作ではこの「動き方」に焦点を当て、ソフトボールの指導へとつなげていきます。
指導・監修は岡山市立竜操中学校の重田浩範監督。行く先々、複数の無名校を、すべて全国大会へと導いた名将です。
今回は重田監督の“指導のベース”となる部分を紹介しています。遠回りなようで、実は上達の近道となる要素。ビギナーはもちろんですが、クセが治らない選手や伸び悩む選手にも役立つ、そんな1本です。







<821-1> プレーにつながる“走り”と“動きづくり” (47分)
<821-2> ここからはじめる!“走塁”と“キャッチボール” (69分)

2013.12