ホーム > スポーツ > ラグビー > 東海大仰星 トライを奪うためのディフェンスシステム > 【第1巻】 仰星ディフェンスセッティング

【第1巻】 仰星ディフェンスセッティング

【第1巻】 仰星ディフェンスセッティング

SALE!!

商品番号 908-1

定価8,000円のところ
販売価格7,200円(消費税込:7,776円)

[最大360ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く




■イントロダクション

■Session1【ブレイクダウン周辺のセッティング】

0chのディフェンスセットが全てを決める!まずは、0chをしっかりと押えることで攻撃側はボールを後ろへ運ばざるを得ません。トライを奪うディフェンスの全ては、ここから始まります。
 ・ディフェンスの考え方
 ・ボード解説
 ・ブレイクダウン周辺のセッティング

■Session2【1stレシーバーセッティング】
1ch〜2chのディフェンスセットです。ブレイクダウン発生から時間が経過するたびに、オープンサイドへずれていくセッティングの順番や1stレーシーバーまでを意識したディフェンスを行います。
 ・ボード解説
 ・1stレシーバーセッティング

■Session3【ブラインドサイドセッティング】
今作のキーポイントの一つ、ブラインドサイドセット。ブラインドサイドのセットを怠ると、アタックにビックゲインを許してしまいます。13人でディフェンスするにはブラインドサイドに人数を使いたくはありませんが、5m、10m、15mとポイントの場所によって人数と守り方を変えて行います。ここでの状況判断が仰星ディフェンスをより固くします。
 ・ボード解説
 ・ブラインドサイドセッティング

■Session4【ツメ&ドリフト】
13人でディフェンスを構築するとどうしても外側に人数が足りなくなります。ツメとドリフトを使うことで、押し上げたディフェンスラインの優位性を保ちつつゲインラインよりも後方でアタック側を仕留めます。
 ・ボード解説
 ・ツメ&ドリフト


(54分)
2015.10