ホーム > スポーツ > 陸上競技 > 全種目対応・陸上選手のための補強ドリル集 > 全種目対応・陸上選手のための補強ドリル集 〜 伸びる選手を育てる「野生化」トレーニング 〜 【全1巻】

全種目対応・陸上選手のための補強ドリル集 〜 伸びる選手を育てる「野生化」トレーニング 〜 【全1巻】

全種目対応・陸上選手のための補強ドリル集
〜 伸びる選手を育てる「野生化」トレーニング 〜
【全1巻】

商品番号 909-S

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

★中学生・高校生すべての陸上選手へ贈る、基礎力アップ“80種類”のトレーニング集
★専門種目に偏らない「回り道」こそ、記録更新の突破口になる!
★“野生化トレーニング”で、使われていない能力を開花させる!






■指導・解説:眞鍋 芳明(国際武道大学 陸上競技部監督・日本陸上連盟強化委員および医事委員)
■実技協力:千葉県/国際武道大学 陸上競技部



こうしてリストにすると当たり前のようにも感じますが、意外と現場では多く見られる現象のはず。
その原因のひとつとなっているのが「専門種目に偏った練習」だといわれています。
結果を求めるあまり、決まった練習メニューばかりとなり、動きや体も偏ったものになってしまうのです。

そこで紹介したいのが、国際武道大学・眞鍋監督が提唱する『野生化トレーニング』です。

本作では野生化トレーニングのほか、全種目の選手が使えるトレーニングを“80種類”収録しています。
基礎となる柔軟性や体幹の安定性、ジャンプ系の種目などバリエーションも豊富な内容となっています。
最先端かつ、新鮮なトレーニングで「伸びる選手」を育成していきましょう!






イントロダクション
 
Category1 ストレッチ
 正しい姿勢の獲得、バランスを整えることを目的としたストレッチを紹介。
 投擲や跳躍の選手は苦手な傾向にあるので、ぜひ取り入れたい種目です。

 ・股関節
  (1)スプリット4ディレクション
  (2)インターナルローテーション・サイ
  (3)エクスターナルローテーション・サイ
  (4)カカシのポーズ1
  (5)カカシのポーズ2
 ・肩関節
  (1)背面合掌
  (2)エクスターナルローテーション・アッパーアーム1
  (3)インターナルローテーション・アッパーアーム
  (4)エクスターナルローテーション・アッパーアーム2
 ・体幹
  (1)三角のポーズ改・正対
  (2)三角のポーズ改・対角
  (3)三角のポーズ改・知恵の輪
  (4)オーバーヘッドスクワット
  (5)サイドライイングツイスティング
 ・ストレッチのポイント

Category2 身体ほぐし
 全身の巧緻性やコーディネーション能力を高めるトレーニングです。
 自分の体を思い通りに動かすことで、記録向上や障害予防を狙います。

  (1)シュラッグ
  (2)オーバーヘッドシュラッグ
  (3)ムービングスキャプラー
  (4)肘まわし
  (5)サイドリーチング
  (6)樽回し
  (7)ロータリースタビリティ
  (8)ヒールタッチランジ
  (9)インラインランジ
  (10)ハードルくぐり・正面
  (11)ブリッジライズ
  (12)アンクルローテーション
 ・体ほぐしのポイント

Category3 ジャンプトレーニング
 跳躍選手はもちろんのこと、スプリンターにも欠かせないトレーニング。
 接地時間を短く、より高く跳ぶことを意識しながら行います。

  (1)その場ジャンプ・ペア
  (2)チャバキ
  (3)バーピージャンプ
  (4)フライングスプリット
  (5)ボックスジャンプ・その場
  (6)ボックスジャンプ・サイド
  (7)ペンタゴンジャンプ
  (8)縄跳び
  (9)馬跳び
  (10)足とじ開きジャンプ・正面
  (11)足とじ開きジャンプ・うつぶせ
  (12)連続ジャンプ・ステイ
 ・ジャンプトレーニングのポイント

Category4 体幹トレーニング
 シットアップのような腹筋運動のほか、体幹を外力に負けないよう安定
 させるようなトレーニングを紹介。投てき、跳躍選手は必須の種目です。

  (1)シットアップ
  (2)シットアップ・ツイスト1
  (3)シットアップ・ツイスト2
  (4)シットアップ・クランチ
  (5)開脚腹筋
  (6)ウルトラマン腹筋
  (7)脚上げ腹筋・ペア
  (8)脚上げ腹筋・反動
  (9)しゃちほこ
  (10)MBオーバーヘッドパス
  (11)MBサイドパス
  (12)バースイング・オーバーヘッド
  (13)バースイング・サイド
  (14)ハンマーウォーク
 ・体幹トレーニングのポイント

Category5 四肢トレーニング
 まず基礎的な運動からバランスが問われる運動へ、
 そこからダイナミックな動き、そして専門的な動きへと発展していきます。

  (1)エクスターナルヒップリフト
  (2)ボックスステップジャンプ
  (3)四股
  (4)タイヤ押し走
  (5)ライイングツイストハンド
  (6)腕立て段差ジャンプ
  (7)地蔵倒し
 ・四肢トレーニングのポイント

Category6 ショックメソッド
 衝撃をきちんと受け止め、いわゆる「バネ」を鍛える種目です。
 瞬発的な力が必要な、短距離、跳躍、やり投げの選手には必須となります。

  (1)ショックランジ
  (2)カエルショック
  (3)MBオーバーヘッドキャッチ
 ・ショックメソッドのポイント

Category7 野生化トレーニング
 日々のなかで使いきれない体の活性化、能力の開発を目的とした種目です。
 苦手な動きを見つけて克服すること、独自に工夫することを意識しましょう。

  (1)上肢のみで二拍子・三拍子
  (2)手はグーパー・足はグーチョキパー
  (3)バランスボールのり
  (4)MBその場回転キャッチ
  (5)MB前転キャッチ
  (6)三点倒立跳ね起き
  (7)前転跳ね起き
  (8)後転倒立
  (9)側転
  (10)ロンダート
  (11)おぼん走
  (12)スリッパ走
  (13)目隠し連続もも上げステイ
  (14)ダブルダッチ
  (15)わしづかみ
  (16)タオル懸垂
  (17)指立て伏せ
  (18)足指立ち
 ・野生化トレーニングのポイント



(68分)
2015.11