ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > 臨床につなげる ! 機能解剖学教室機能解剖学総論と肩複合体の機能解剖学 > 臨床につなげる ! 機能解剖学教室機能解剖学総論と肩複合体の機能解剖学【全2巻・分売不可】

臨床につなげる ! 機能解剖学教室機能解剖学総論と肩複合体の機能解剖学【全2巻・分売不可】

臨床につなげる ! 機能解剖学教室
機能解剖学総論と肩複合体の機能解剖学
【全2巻・分売不可】

セット商品

商品番号 ME193-S

販売価格12,000円(消費税込:12,960円)

[最大600ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



 ★ 部位別に、機能解剖学・運動学・病態運動学を徹底講義!第一弾『肩複合体』
 ★ 機能解剖学のインプットと臨床でのアウトプット!運動療法への応用を考える!
 ★ セラピストに必要な基礎知識の再点検!曖昧な知識を正確な理解にする!


■実技・解説:山ア敦(文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科 教授/理学療法士)


自分が知っている解剖学や運動学が臨床でリンクしない…
このように思ったことはありませんか?


機能解剖学は、どのような患者、疾患であっても必要となる知識です。しかし、機能解剖学の重要性を理解していても、知識が曖昧で正確に理解できていない、臨床でどのように活かしていけば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

このシリーズでは、「臨床につなげる」をテーマに、機能解剖学・運動学・病態運動学の基礎知識と運動療法への応用を学びます。膨大な情報の中から重要なポイントを整理した、非常に分かりやすい内容で、学び直しに最適です。

第一弾は、機能解剖学総論と各論「肩複合体の機能解剖学」です。
肩複合体は、体幹に連動する腕の運動の結果として生じる機能ユニットで、様々な要素が複雑に絡みあっています。このDVDでは、まず総論として関節や運動の法則、分類などを学び、各論では、実技を交えながら肩複合体の構造や運動を解説。最後には運動療法をご紹介します。

基礎から臨床応用まで学べる、機能解剖学教室。是非、ご覧ください!


※この映像は動画配信“JLC OnDemand”用に収録された映像を再編集し、追加収録を行ったものです。

ME193-1 『 機能解剖学総論 』(26分)
■身体運動学について
■基本的立位肢位
■体位と構え
■基本面
■運動面と運動軸
■運動連鎖
■関節の分類
■関節包内運動
■凹凸の法則
■治療面
■関節の位置

ME193-2 『 肩複合体の機能解剖学 』(73分)
■肩複合体の構造
  ◎構成する骨と関節
  ◎胸鎖関節
  ◎肩鎖関節
  ◎肩甲胸郭関節
  ◎触診
■肩複合体周囲の筋群
  ◎浅背筋と浅胸筋
  ◎触診
■肩甲上腕関節の構造
■上肢近位部の筋群
  ◎上肢帯の筋と上腕の筋
  ◎触診
■肩複合体の運動学
■肩複合体の病態運動学と運動療法



本編ピックアップ動画


2016.1

この商品を買った人はこんな商品も買っています