ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > リハビリテーションにおける脳画像の活用評価・治療プログラム立案に繋げる脳画像のみかた > リハビリテーションにおける脳画像の活用〜 評価・治療プログラム立案に繋げる脳画像のみかた 〜【全2巻・分売不可】

リハビリテーションにおける脳画像の活用〜 評価・治療プログラム立案に繋げる脳画像のみかた 〜【全2巻・分売不可】

リハビリテーションにおける脳画像の活用
〜 評価・治療プログラム立案に繋げる脳画像のみかた 〜
【全2巻・分売不可】

セット商品

商品番号 ME208-S

販売価格14,000円(消費税込:15,120円)

[最大700ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



 ★ 評価の精度を上げ、適切な治療プログラムを選択するために!

 ★ 事例から学ぶ!セラピストのための脳画像のみかた!

 ★ 脳画像から何がわかるのか、どのように病変が描出されるのか。基礎から分かりやすく解説!



■解説:阿部 浩明(広南病院リハビリテーション科 総括主任 / 理学療法士)

―セラピストが脳画像をみる意義とは―
脳血管障害などの疾患においては、症状が現れる上下肢、体幹の運動学的所見の評価が中心となることが多いのではないでしょうか。しかし、実際に損傷があるのは脳です。
損傷した脳そのものを評価の対象に取り入れ、脳画像の解釈と運動学的所見をあわせて評価することで、その精度は格段に上がります。

このDVDでは、それぞれの脳画像の特徴や脳画像の解釈に関する基礎知識を解説します。
また、脳卒中の事例を通して、脳画像情報からの臨床的判断、観察された事象の出現メカニズム、損傷領域から出現が予測される症状など、評価・治療プログラム立案に繋げる脳画像のみかたを学びます。
このDVDが、脳を意識したリハビリテーションの実践のきっかけとなれば幸いです。

ME208-1 脳画像の基本情報と脳画像の活用事例1(脳梗塞例)(55分)

イントロダクション
脳画像をみる意義
脳画像の基礎知識
 ◎CTとMRIの特徴
 ◎各種MRIの撮像法
 ◎脳梗塞・脳出血の画像所見の経過
事例(1) 脳梗塞例
  手足が全く動かせないと訴える症例

  *脳画像情報からの臨床的判断
  *損傷領域の同定
  *運動麻痺出現のメカニズム
  *損傷領域から出現が予測される症状
   など

ME208-2 脳画像の活用事例2および3(くも膜下出血例と脳梗塞例)(56分)

事例(2) くも膜下出血例
  脳出血を伴うくも膜下出血で発症し、脳血管攣縮による脳梗塞を合併した症例

  *放線冠梗塞例の病巣位置と予後の関連
  *診断名ごとにみたpushingの重症度改善の推移
   など
事例(3) 脳梗塞例 歩行時と検査時との運動機能に乖離のある2症例
  *歩行・姿勢制御に関わる脳内機構の理解
  *中枢神経系の回復メカニズムと介入の原則
  *歩行のシステム
  *主たる理学療法プログラム
   など
おわりに




2016.11

この商品を買った人はこんな商品も買っています