ホーム > スポーツ > バスケットボール > バスケットボール(国内) > 林永甫「エイトクロス・オフェンス」進化へのアプローチ > 林永甫「エイトクロス・オフェンス」進化へのアプローチ【全2巻】

林永甫「エイトクロス・オフェンス」進化へのアプローチ

林永甫「エイトクロス・オフェンス」進化へのアプローチ
【全2巻】

セット商品

商品番号 974-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

キャンペーン中につき、今なら全2巻セットで買うと送料無料!
また、他の作品も合わせて\30,000以上のお支払でお好きな¥8,640以下のDVD1本プレゼント!
プレゼントのお申し込み方法はこちら




■指導・解説:林 永甫
         山辺 正幸(桜丘高等学校女子バスケットボール部監督)
■実技協力:関東学園大学女子バスケットボール部

エイトクロスDVD3部作、最終章の登場です! これまでの2作品ではチームにエイトクロスを「導入する」、ということに焦点を当ててきました。そして今回はそのエイトクロスをより精度を高め、より相手に止められない最強Offにするためのアプローチに着目してご紹介します。
林氏の「相棒」、山辺氏も「これまでのDVDよりチームの理解度が高い」と太鼓判を押した当作品。ぜひご覧ください。

本作品の特徴



はじめの3on3は、エイトクロスの大前提ともいえる「ボールマンの1on1」と「オフボールのアウェイ」に着目して行われます。簡単なように思えて、様々な要素が絡んでくると見落としがちになってしまう事項です。当作品の全編にわたって共通する動きなので、林氏からも細かく指導が入っています。



エイトクロスを習得しても、その攻撃力ゆえ相手に対策をされることも予想されます。要所を抑えられ、シュートまで至らなかった場合のピック&ロール、またガードををマークされパスが入らない場合など、苦しい場面でも得点するためのアイデアを紹介します。



各項目については、林永甫氏の「相棒」山辺正幸氏がホワイトボードで丁寧に解説します。DVD「エイトクロス・オフェンスの構築」の反響もあり、質問を受けることも多くなったという山辺氏が、特に指導者がわかりづらいポイントを明快にしていきます。


各巻紹介(クリックすると詳細へ)






2017.12


エイトクロスの導入はこの2作品で!