ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > 機能解剖学に基づいた手指・肘関節の治療戦略 > 【 Bセット 】 肘関節への治療戦略 〜 屈曲 ・ 伸展の改善を中心に 〜【全2巻・分売不可】

【 Bセット 】 肘関節への治療戦略 〜 屈曲 ・ 伸展の改善を中心に 〜【全2巻・分売不可】

【 Bセット 】 肘関節への治療戦略 〜 屈曲 ・ 伸展の改善を中心に 〜
【全2巻・分売不可】

セット商品

商品番号 ME227-B

販売価格14,000円(消費税込:15,120円)

[最大700ポイント進呈 ]

[ 送料個別 540円 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


治療の順番や内容は、解剖学的な特徴から決まってきます。
肘関節とその筋群の基本構造について解剖図などを用いて解説し、さらに筋出力を促すための誘導や、可動域制限を改善するための治療技術を実技で解説します。


 ME227-B1 肘関節の基本構造(37分)
はじめに
 ◎上腕骨滑車の形成変化による肘屈曲運動の違い
 ◎Huter三角
肘関節の基本構造
 ◎One Capsule in three Joint
 ◎前方関節包
 ◎後方関節包
 ◎腕尺関節
 ◎腕橈関節
 ◎MCLとLCLの肢位による長さの変化
 ◎肘関節の屈曲位・伸展位
 ◎近位橈尺関節
 ◎輪状靭帯と方形靭帯



 ME227-B2 肘関節の筋群と肘関節の治療(79分)
肘関節の筋群
 ◎肘関節に動きを与える要素と肘関節を支える要素
 ◎上腕二頭筋
 ◎上腕筋
 ◎深部筋のボリュームの違い
 ◎上腕三頭筋

肘関節の治療
 ◎治療の原則
 ◎可動域制限因子
 ◎後方関節包ストレッチ
 ◎伸展角度拡大
 ◎RCLへの治療

おわりに


2017.12