ホーム > スポーツ > ハンドボール > 植松伸之介の「個を伸ばす」ハンドボールドリル > 植松伸之介の「個を伸ばす」ハンドボールドリル〜ドイツでの経験に基づいた、体の機能と判断力を鍛えるトレーニング〜【全2巻】

植松伸之介の「個を伸ばす」ハンドボールドリル〜ドイツでの経験に基づいた、体の機能と判断力を鍛えるトレーニング〜【全2巻】

植松伸之介の「個を伸ばす」ハンドボールドリル
〜ドイツでの経験に基づいた、体の機能と判断力を鍛えるトレーニング〜
【全2巻】

セット商品

商品番号 1012-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
※本商品はDVDプレーヤー再生専用となっております。それ以外の再生機器でご使用された場合の不具合・故障については保証致しかねますので、ご了承ください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


■指導・解説:植松 伸之介(明星大学男子ハンドボール部コーチ/男子ユース(U-19)日本代表監督)
■実技協力:明星大学男子ハンドボール部

【植松伸之介(うえまつ・しんのすけ )プロフィール】
1975年生まれ、神奈川県出身。西中原中―横浜商工高(現横浜創学館高)―順天堂大。大学卒業後は幼稚園に勤務しながら、神奈川県の成年男子チームで国体出場。2000年からドイツに渡り、コンコルディア・デーリッチのセカンドチームに入団。その後ファーストチーム入りを果たしてプロ契約を結び、2005年度のシーズンはデーリッチの主力としてブンデスリーガ1部の舞台に立った。
翌2006年からEHVアウェに移籍。2013年に古巣デーリッチに戻ったのち、2014年にはグルベンランプ・ツヴィッカウ(4部)の監督に就任。日本人がドイツのチームの監督になったのは初めてのこと。監督退任後は選手でのオファーを受けて、再びコートに立った。
2016年より日本に戻り、順天堂大大学院でコーチング科学を研究しながら、2016年度は順天堂大コーチを務め、2017年度から明星大コーチに就任。2018年度からは新たにユース(U-19)日本代表監督を兼務する。


ドイツで選手・監督双方を経験した財産を本作に還元

大学卒業後にドイツに渡り、ブンデスリーガ1部でプレー。さらにはドイツで監督も務めた植松伸之介さんの練習メニューをまとめました。ハンドボールの本場・ドイツで行われている練習もあれば、植松さんが考案したオリジナルの練習もあります。日本でもやっているようなメニューでも、少しアレンジを加えてあるので、選手への刺激が違ってきます。

「ボールゲームの本質」が盛り込まれたれた練習メニュー

植松さんの練習メニューのコンセプトは「個を伸ばす」こと。ひとつのことだけやらせたら、日本の選手は優れています。でも、世界で戦うには、同時進行で複数の動きができないと勝負になりません。より早く、より正確な判断も必要になります。植松さんの練習は、一度に沢山の情報を処理するように組まれているので、「練習のための練習」にはなりません。終わった時に、きっと選手は「頭が疲れた!」と言うでしょう。それだけ密度の濃い、短時間でも高い集中力が求められるメニューばかりです。

≪パス練習では、相手との駆け引きや状況判断の要素を入れる≫


またDVDで紹介しているメニューは、指導者のみなさんでアレンジできるものばかりです。本質を理解した上で、練習のバリエーションを増やしていくことは、指導者自身のトレーニングにもなります。一見ハンドボールと関係のなさそうなメニューでも、視野を広く持ち、スペースを認知して、仲間と連動しながらゴールを狙うといった「ボールゲームの本質」が必ず盛り込まれています。子供たちが飽きることなく、毎日興味を持ってハンドボールを楽しむことが、上達への近道。練習を楽しむ中で、選手と指導者がともに成長できるためのヒントが、このDVDに詰まっています。

≪ゲーム練習では、視野の広さや連動した動きを要求する≫


各巻の詳細・サンプルムービーはコチラ





2018.4